<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
休日
ベートーベン5ページ、6ページ目を練習した。ついでに7ページも1度だけ弾いたら、1ページ目の変形や転調で私はソナタのこれが苦手だと思い出しました。混乱して少し不安になった。ベートーベンもモーツァルトも再現部がいつも苦手だった。白鍵だった音が黒鍵になっていたりすると指の位置が違うから戸惑います。でも今は頭を使えるようになっているから、恐れなくても割とあっさり攻略出来そうな気もします。

庭仕事と庭計画。

大半が決まったからか、ここにきて、迷っていた部分も植栽出来そうな気配。

今夜は昨日ほど寒くはない。毛布のおかげかな?

食には栄養という以外はあまり関心がないけど、昨日今日に関しては美味しいものを食べたいと思った。食欲の秋か、寒くなって身体が蓄えに入ろうとしているのか。

明日も休みなので、ベートーベンの5ページ目、6ページ目、そして7ページ目に取り組めたら良いなと思います。どれだけ弾いても苦情が来ない家で良かった。恵まれている。
何もかも始まったばかりで
何もかもが始まったばかりで何も洗練できていない気がした今日。日が落ちるのが早いと感じた。寒さは数日前よりはまし。

ゆっくり庭を想像することが出来てわくわくし、同時に自分の能力の無さも実感してしまった。もっと上手く出来るつもりだったけど思い通りにはいかない。特に壁が多いせいで、真っ直ぐ伸びてくれなくて太陽の方に垂直近く曲がる植物が多いこと。倒れられると下敷きになった植物が育たない。夏もたくさん枯れる。ダンゴムシに全滅させられたり、野良猫に掘り返されたり。今日も植えたばかりの苗を根こそぎやられていて、救出したけど復活してくれるかどうか。また同じ箇所を掘られる可能性もある。

そんなこんなで、昔のベランダガーデンのようには気楽ではないけど、秋の西日に輝く植物たちが美しくて色々は帳消しになった。スズメバチも居ないし、蚊も減って、庭仕事がゆっくり出来る季節が久しぶりにやってきた。

ピアノも調子が良い。今日はベートーベンのソナタの5ページ目に取り掛かった。昔は難しいと思っていたはずの色々が簡単に思えて、成長してるのを感じた。それでも、楽ではないけど、ラヴェルや近現代の曲に比べたら譜も指も楽です。

ラストにも昔感じた難関があるはずだけど、まだ見てないけど多分難関だと感じない気がするから12月の演奏会には間に合うと思う。決定して、プログラムに入れよう。ただ、亡き王女のためのパヴァーヌを弾いた後にこの曲を弾くと自分が置いていかれて指だけ勝手に動いてる感じになった。間に気持ちの準備は少し必要かも。

これから庭の作業が膨大にあると思われます。

何もかもまだまだだけど、庭もピアノも色々もたぶん良くなってるよな…と思います。

筋トレ、新しい勉強、自炊も続けています。
昔に比べたらすごすぎる自分。
みんなには普通かもしれないけど、自分基準で自分のペースで行こうと思います。

まだ出来ていない部分の庭の計画をします。
翻弄
ふと気がつくと小さなことに翻弄されている自分がいる。サボテンや樹木のおかげで計画だけは長期に大きく考えられるようにはなったけど、日々目の前で突発的に発生する色々に揺り動かされる。

もっと大きな流れの中で生きている実感を。

ピアノの練習をした。

ベートーベンのソナタ、4ページ目。4ページ目にひとつのちょっとした難関があって、こつこつやっている。たぶん、間に合いそうだけど、速い曲を人前で弾いたことがないので、身体次第。速いから、身体が少しでも緊張すると力が入って弾けなくなる。試練だな。でも、この曲が弾きたい。昔、作曲学科を受験しようとして、ピアノの課題曲でベートーベンのソタナがあり、ピアノの先生が「これにしたら?」と言った曲です。途中で受験はやめることにしたから結局完成させれてなくて、引っかかってるので、いつか弾かなければとずっと思いつつ…という感じだった。

なので、一応10年前くらいに最後まで弾いてはいたのですが、当時は前の弾き方で最後のページで腕が痛くてギリギリだった。今は体の使い方が分かっているので、もっと上手く弾けるんじゃないかと思います。ただ、今は昔と違って身体がバキバキになったり、緊張したら左半身がつったりするのでデメリットもあります。

けど、なんだか良い演奏が出来る気がするから、頑張ってみようと思う。

とりあえず、昔と違って腕は全く痛くないです。
音も昔と違う。今の方が洗練されていて良い。

ベートーベンは弾いていて気持ち良い。譜面も和声もシンプルで頭は全く疲れない。とにかく身体やな。

最近、技術をほったらかしていたので、この曲をやりきりたいです。

ベートーベンは真っ直ぐやな。
ベートーベン
今日も朝から晩までベートーベンを弾いた。途中、電車移動やレッスンなど仕事はあったけど、結構弾けた。

アップライトである程度は弾けていたものがグランドピアノで弾くとやはりなかなか弾けなく、結局最初からタッチなどやり直した。夜にはまあまあ弾けるようにはなったかなと思う。それでもまだ筋力が足らないのを痛感しました。特に薬指と小指がもう少し鍛えないと絡まりそう。笑

2日間で、指がかなり鍛えられた気分。なまりすぎていたのもあるけど。

ベートーベンはまずはきっちり弾きたいので、テクニックの洗練を頑張ろうと思います。速いから雑になりがち。タッチも少し探ってみた。ピアノを鳴らす系がいいかな。ニ長調、プレスト。軽くもなく、重くもなく、弾力とキレがある感じにしたいです。グルーヴを出したいです。

とりあえず、今はそこまで。また弾いていくうちに浮かんでくると思う。

明日も朝から弾きたい。

庭の球根も注文しないと。

イチョウの木が黄葉しはじめていて、吸い込まれそうになった。ヤマボウシも赤くなりはじめている。



クラシック演奏会・挑戦
先日の台風で延期になったリタニクラシック演奏会は12/16(日)に決まりました。9月に予約してくださっていて、この日が来れない方には本当に申し訳ないのですが、年内で出演者全員が可能な日がこの日しかありませんでした。クリスマスも近いので、クリスマスパーティ感も少し出せたらと思い企画を進めています。それとまだ2ヶ月あるので、曲目が一部バージョンアップしてお届け出来そうです。

前川祥平さんが全曲変更で、新曲に挑戦するとのことで、私も刺激を受け、1曲増やすことにしました。まだ何になるかわかりませんが、とりあえず今日はベートーベンのピアノソナタの7番の1楽章を練習してみました。

前から弾くと決まっているラヴェルの亡き王女のパヴァーヌと、このベートーベンのソナタは何もかもが異なる真逆の曲なんですが、苦手だからこそやってみようと思いました。曲はとても好きで弾いていて楽しいです。11ページあって、今日は大まかに4ページ目まで見た感じです。

久しぶりに朝10時頃からピアノが弾ける限界の21時まで練習しました。寝不足だったので途中3時間ほど昼寝をしました。

ピアノはやっぱり楽しい。

のんきに練習はほとんどしてなかったけど4歳からはじめた楽器だし。いくら歌が歌えるようになったとしてもクラシックピアノをやめることは出来ないんやろう。当たり前のように好きだから。

クラシックコンプレックスはもう何年か前に消えたけど、身体が整ってもきたけどまだまだで、それにクラシックピアノは難しい曲がたくさんあるので私にとっては技術習得にも終わりがないです。死んでもマスター出来ないと思うけど、表現は出来るから、今の自分のベストを尽くすことを続けて少しずつ向上していけたらと思います。

私はドキュメントや伝記や歴史、つまり人の物語が好きなので、自分も結果より経過を書いたりしてるかな。経過は商品にはならないけど、同じようにがんばっている人の役に立つかなと思うので。

私はそうやって他の人のがんばりを見て、自分もやる気になっていると思う。

挑戦すると脳が喜ぶし、活力が湧いてきます。

そういう訳で、12/16までは動画のペースは落としてピアノの練習を増やします。どれくらいで仕上がるかまだ予測できなく、早目に仕上がれば動画のペースも上げていきます。

まだまだ発表より修行の方が大切な時期だなと感じています。

分かち合うこと
あしばさんのレコ発でした。私はスタッフとして、アルバム制作の最初から関わっていて、数年前にはじめてあしばさんのライブを見た時のことを思い出したりして少し自分のことのように思えたり感慨深いものもありました。

みんなで力を合わせてひとつのことをするのってやっぱり好きだな。みんなプロフェッショナルな人たちですでに信頼している人たちだったのもあったと思うけど、とても楽しかった。

あしばさんの笑顔は人を幸せにするんじゃないかなと思う。あしばさんの歌を聴いて、私の心も少しきれいになった気がしました。

最近はやっぱり私はそのままだとあまり性格が良くないなと思う時があります。誰かに意地悪したりとかそういう分かりやすいのは無いけど、生まれ持った悪さというか、どれだけ心を見つめて鍛錬しても何かしらのふと立ち現われる醜さは消えない。人間だからなのかな。みんなそうなんだったら、人間だからということにしようと思うけど、周りの人たちはきれいに見えるからよくわからない。

そして、自分の意思を強くしたり、目標を持って突き進もうとすると、どうしてもそうなってしまうところは仕方ないのかなとも思いました。目標の設定先を「良い人」にしたなら、良い人になれると思う。けどそんなのはわたしには殆ど価値がない。生まれ持った人間性の良さを持っている人には敵わないし、憧れるものでもないけど、そうですね...こんな自分でも受け入れてくれる人たちと居させてもらいたい。

人と分かち合えることの素晴らしさを感じました。

何かあればまた積極的にスタッフをやりたいなと思いました。完全スタッフ体験ははじめてだったけど、スタッフに専念出来て楽しかったし、気配り、目配り、能力的にも向いてると思いました。それと、演奏もしたいなと思いました。

何より、あしばさんへ
おめでとう、よくがんばったね。という気持ちです。
アルバム制作開始時から、音楽以外の色んなことも含め、ひとつずつ乗り越えていく姿を間近でずっと見ていて、今一区切り付いてほっとしたのか、感動しました。

私も成長出来たかも。

その他、昨日のみんなとのご縁を有り難く感じました。
ありがとうございました。

そしてご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。見に来てくださる方が居るから演奏会が出来る。また見に来て頂けるようにこれからも頑張りたいです。


自分の育て方

久々、寝不足でくらくらした日だった。仕事に遊びにずっと動き続けていた人がある日急に倒れて植物状態になったという話を聞いてからか、無理はしないようにしている。

動画の再生回数がまた落ちてきた気がする。といっても再生回数100未満の話なので、大きな流れからしたら、大した差ではないけれども。まだその差が気になる段階から抜けられないということでもある。

こんなに人だらけの世界で数十回しか再生されないという現実だけど、最初から上手く行くほうが怖いし、後の成果のためには、今成果が上がらないというのが必要条件でもある。それくらいは現実の世界を理解してきた。苦労の土台無しに成果が出ても、何かの拍子に簡単に崩れて、立て直せない。立て直すメンタルが備わっていない。そういうことです。

自分で積み上げていると、積む順番も分かってるし、何かあってもすぐ回復できる。他のことに応用も出来るし。

そう思って、何かもう一工夫出来ないものかと、考えています。

今の段階の案としては、YouTubeのフライヤーを作ってネット外で配る。あとは、演奏の前に曲紹介をするとか。かな?

演奏内容の案としては、昔みたいに電子ピアノで弾き語りをする、多重録音をするなど。機材が無くすぐに出来ないけど検討中です。

考える力さえあれば、どんな状況も恐くはなく、危険な状況にさえ武者震いのような、問題を解いてやるというわくわく感がする。普通、人は大抵、考えを途中でやめる。そっちの方が個の生き物としては危険かなと思います。大抵、私が想定するような危険なサバイバルな状況にはならないからそんなに考えなくても生きれる気はするけど、最悪な状況に耐えうる自分を作っておかないと安心して何も出来ない。不安尽くしの中で生きてきたからかも。

私は土台を作る方を選ぶ。
本番前に先にあらゆる失敗を体験しておきたい。

まだ本番じゃないんやな。

その他、生き抜く方法を考えてばかりで、頭の神経が疲れやすいです。
庭に会いたい。
そのうち成果が出て、がんばって良かったと思えると思う。10年後くらいかもしれないけど。そのくらい長い目で見ないと短期では成果の出にくいことを継続する意味があまりない。
技術や感覚の分野はたぶん時間がかかる。

今日の動画です。

 

昨日に引き続き、菱沼尚子さんの『満月の夜に』より「夕暮れの街」です。短くてシンプルだけど、深みがあって弾いていて満足感がありました。ハーモニー感も好きです。

 

椅子の高さを変えて、重心が落ち着いて、前よりピアノが弾きやすくなりました。カメラ前の緊張もなくなったし、ピアノも調子を上げていけるような気がしています。早く調律したいですけどね。

 

明日は撮影出来る時間があるかわかりません。次は、カバー曲か、また何かピアノを弾いてみようかな。自分の気持ちに合わせてやってみます。結局、それが一番良い演奏になる。


 

大きく感じる

細かい作業が得意になってから、大きく感じることが少し減っていたことに気がついた。色んなものに対して、細かい部分だけでなく、大きな波も感じるようにしているところ。

ピアノは少しお休みしていたけど、クラシックピアノもギターのように弾けばいいのかなと、少しずつ試してみようと思った。今日は時間がないので、また時間がある時に色々ゆっくり書きます。

昨日と今日の動画です。

 

 

新しい感覚で弾けそうなので、またクラシックピアノも弾いていきます。

出会い

今日は昼から夜まで難波で2件、人と会った。とても良い日だった。

前に進んでいく話はわくわくして楽しい。

色々上向きになってきた気がする。

もっと本気でやりたくなってきた。だけど、経験から学んだことは、ひとつずつ習慣化するまで落としてから、次のことを増やす。動画ははじめた当初に比べるとかなり楽になってきた。良い手抜きの仕方も覚えたし。

日記に書いているように、この頃は世界の感じ方が違う。青春だった頃の感じが戻りつつある。何もしてなくても心地良いのは感受性が戻ってきたからか。いつもの電車も少し違う。

やっぱり「仕事ができないと生きていけない」というプレッシャーが重かったのかな。できそうな気がして、ほっとしたのかも。また壁にぶつかるまでは。

今日の動画です。
 

 

Mujika  Easel trioです。サックス金津朋幸、ドラム奥田直広。昔アップはしていたけど、まだ聴いたことがない人も居ると思って。途中からアバンギャルドで騒がしくなるので寝る前に聴く音楽ではないかも。けど、私はこのトリオは好きでした。青春の匂いがします。こんな私のピアノについて来てくれる人はなかなかいないので、そういう意味では昔は良かったなと思います。秦さんのヴァイオリンも何も言わなくても何してもついて来てくれてすごい。家が遠いし、気軽に声をかけれませんが。私は枠から溢れてはみ出したものが好きです。

 

クラシックピアノもそういう演奏でいいのかもしれない。

 

 

 

やっと言えるようになってきた

朝と夜はひんやりした空気。昼間は暑かったけど。今朝書いた詩を歌った。

瓢箪山のこの家ではロックとか出来ないかも。空気が静かで、鳥や虫の声と共存しているから。珍しく、そんな家で撮影した。

今日の曲は好き。やっと自分の曲や歌を好きと言えるようになってきた。全部ではないけど。

過去10年間くらいは言えなくなっていた。心の状態の所為だと思う。世界中の人が嫌いだと言っても私は好きと言っていい。やっと、戻ってこれた。

深く傷ついて、自分が悪かったと反省だけすればいいものを、反省を通り越して、自分を消してしまった。みなさんはそんなことはしないでください。大変なことになるから。まあ、あまりそこまでする人もいないか…。

人が恐かったんだろう。
自分も恐かった。

幼子のようだった。

でも、孤独な世界はとても美しかったので、また行きたい。

行こうと思えば、どっちにでもいける状態かな。最近、本当に自由を感じます。

今日の動画です。



新曲です。Mujika Easelのピアノの感じをわりとギターで出来たような気がします。歌がピアノで歌っているのと同じ感じだった。また1歩進めた気がします。

 

私の道は全部ひとつにくっつけること。それで、先日のブログで話した変幻自在の球体みたいに、つなぎ目もなく、別々も全部ひとつも意味をなさないようにしたい。私も音楽も。

 

一番最初はイメージの形は螺旋でしたが、わりと早い段階で球体になりました。球というか、光より細かい放射状な感じです。波、粒、よくわからないけど。形のイメージがあれば生きれるというか。いろんな物事の中に共通する最小単位の形を探して模倣すると自然に生きられるという自分なりの考えです。

 

点だとも思ったけど、点は拡大すると立体的で球体かなと思いました。素粒子とか、多分もっと最小単位があるんだろうけど、形は色んなものに受け継がれてると予想しているので、今のところ、波と球かな。

 

音楽でいうと、メロディ、振動など色んな波がある。リズムは球体。

 

正しいか正しくないかはどっちでもいいです。

自分の道だから。

 

何か未知の素材が発見されたら私の道も変わるかも。