<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
poemes d'un jour 186
東京から帰ってきた。帰ってすぐ仕事だったりで、疲れで動けなく天下茶屋に泊まり、今日の昼にやっと瓢箪山の我が家へ帰宅。お土産を渡すべく、またすぐ神戸まで行ったりして、どんだけ移動してるねん...。




戻ってきた。

優しい夕方、もう寒い。

行ったことのない場所で会うのが楽しくて、今日も初めての駅に行った。地図で見た公園を目指してたら坂道で、着いたら確かに公園だったけど、斜面で段々畑みたいになっていて、頂上は薄暗い森で半分山だった。イノシシが出るから公園に入る時は門に鍵をかけてくださいと書いてあった。そんなのは初めてで面白かった。





響き合う。

会えばいいだけやな。
って思った。

空気感染のように伝わる。




ちょっと、私がバランスを崩していて危機だった。お互いの特性が普通?の人とそれぞれちょっと違うところがあり(誰しもが多かれ少なかれ違うのは当たり前なのですが、極端に違う部分が少々あり)…二人ともそれぞれあって苦労してきたから、理解しようと出来るんかな。優しい。ちょうどいいんだと思う。すごくうれしい。

疲れて混乱&朦朧としてる中で選んだ私のあり得ないお土産を喜んでくれた...嬉しかった。自分も同じやつ欲しい。買えばよかった。普通やったら絶対いらんやろう(笑)っていう感じの物。ちゃんと気持ちを伝えるために選んだからな。結果、変なものになってしまったけれども。「これ、どんな人が買うん?笑」って突っ込まれたけど…これじゃないとだめやったな。やっぱり伝わった。





まだ伝えていなかった未来の夢の話をした。当たり前のように寄り添って受け入れてくれた。それがなんかもう夢が叶ったという気分になったというか、夢に見ていたことが現実になるかもしれない、スタート出来るんやという楽しみ。一人では実現出来ないことだったので。


まだ半信半疑だけど、現実的な話として受け取ってもらえたのがうれしかった。

計画、準備していこう。


幸せ。
ありがとう。

仲良し。
幸せです。

生きてきてよかった。




未来が明るい。
うきうき。


4歳の甥っ子が来月から私にピアノを習うと言ってくれた。毎日4時間くらい弾いてるらしく、既に耳で音を探して、独学で全部の指を使って左手で和音もつけている。驚き。育て甲斐がありそう。笑


良い連鎖、始まってるかな、新しい道。


poemes d'un jour 185
昼のレッスン終わり。明日は早朝出発、東京ライブへ。

長らくマイナスに居た自分。何年か前にプラマイゼロを実感して。3月に今+20くらいって人に言ったことを思い出した。あれから数ヶ月経って、今は+40くらいかなって、昨日人に言った。ちなみにマイナスは-200くらいあった。-100の時代にここがドン底だと思っていたらまだもっと底があって這い上がれないほど深く落ちてしまった。海底で言うと何千メートルくらいの光がほぼ届かない場所まで。

その感覚はもう思い出しにくいほど薄れていて特に言うことでもないのですが、自分の世界の存在感覚のようなものを数値化して見渡してきて思ったことは、プラスの世界は人を幸せに出来る次元という感覚。マイナスは自分の問題解決に勤しむ次元。プラマイゼロは、どちらもない時点、もしくは差し引きしてゼロの地点。たた存在しているという事実。生命体としてそれで十分だと思っていたけど、人間というものは、もしくは私というものは、先に進む本能があって、到達したら次が見えてきてしまう。

今、素直に、次を目指す。

過去とのバランスを取りながら。


収入が増えるということはそれだけ人の役に立っているということで。毎月決まってる給料じゃなくて、レッスンは謝礼で、音楽もそうだから。特にそれを感じます。歩合制という感じ。大雑把に言うと誰かを幸せにした分だけ得れる。

レッスンは、生徒さんがたくさん練習してきたら、新しいことを教える時間が増えるから速く上達するし、練習出来なくてもゆっくり続けたいという方にはその方のペースに合わせてじっくりやるし。求められているものに応えている。スパルタがいいと言われたら課題多く出すし。けど、そんな人は今のところいないかな。笑。


音楽。

昔は自分が生きるか死ぬかの瀬戸際で、その為にやっていたけど、今は私の音楽を聴いて喜んでくれる人の為にやりたい。それは単曲でも起こり得るけど、10年、20年の中で物語として伝えられる可能性もあるし、これからさらに歳を重ねて30年、40年と経過して、リスナーの方が過去作品を辿った時に何か感じてもらえるものもあるかなって思う。そんな感じも含めての、人の為にってこと。

直接的ではなくても、想いがこもったものの中には命が生まれて、勝手に仕事をしてくれるんかなって。

世界中の全ての人に知られてるのにも関わらず収入にならないとなったら、諦めて違うことをやろうと思う。けど、まだ新曲の再生数も100ちょっとやし、判断できない。可能性があると思うので、続ける。と同時に、もう少し広めることをやる時期なのかな。


前の自分だったら広めなくてもいいと思ってるところもあったけど、今は素直に広めてみたいな、広まったあとにしか判断出来ない。


貢献度?

貢献したい。

自分の存在丸ごとで。

それが自分の幸せ、生き甲斐、なんやな。

言われたことをするじゃなくて、自分から人々に提案する。

難しいけどやり甲斐があるのです。

間違いなく満たされる。
poemes d'un jour 184
木の葉たちが色付いてゆく。日に日に、より深く。鮮やかに。東京行きや体験レッスンもあって、バタバタしている。もう少しゆったり過ごしたい。


2nd Album『海辺より』をストリーミング配信しようと思って、登録した。手数料、年会費、登録料のかからない「amuse」というアグリゲータ(仲介)を見つけたので迷わずそこにしてみた。全部英語だったけど、うまく出来たかどうか...?配信されるまで21日かかるらしい。12月6日を待つ。



そうなんです、今まで手数料や年会費や登録料がかかるのが嫌で、配信出来なかったというのもあった。(年会費や手数料を払えるほどの売り上げが見込めない...)1st Albumは登録料が安かった時代?(10年前くらいかな?)に配信していたので大丈夫。

これで上手くいきそうなら、他の既存作品や今後シングルも配信していきたいと思います。



食欲の秋。

レトルトのカレーに、昨日もらった色んなハーブ&スパイス&ナッツをかけたら、食欲増進した。このトッピングだけでも食べたいな...あかんあかんと言いつつちょっとつまむ...

豊かなハーモニー。







poemes d'un jour 183
ストリーミング配信している1st album「Love and Realism」、2006年の作品にも関わらず、apple music、ここ1カ月間で2060回再生されていた。

すごく、うれしい…。

2nd albumも配信、近々します。


それとYouTubeにアップした新曲「断崖より」に知らない人からすごくうれしいコメントも頂けた。Mujika Easelの音、届いてるんやと確認出来て、やりがいを感じれました。


具体的な数字として、ストリーミング配信では、月10000円の収入を目標にしようと思った。今は1000円ちょっとやな。10倍か。とりあえず、タイトルを増やしてみる。


YouTubeや配信は、ある人数まで行けば聴いてくれる人が増えやすい仕組みだと思うので、そこに行くまでは苦しいけど、好循環に入るまでがんばる。


人生もやっと好循環に入ったと感じているし、考え方も好循環になっているし今からやな。まだやれてないことがたくさんあるので、1つずつやっていこう。


会社で働けない人間なので、自力でなんとかするしかないというか、それが生きがいというか。全部自分の責任になる方が分かりやすいし、納得して生きれる。


人生の進度がさらなる夢に間に合うかどうかは分からないけど、行けるところまで行きたいな。再スタート。

遅いからな…。

でも、好循環の波に乗れたら速度が変わるかもしれないので、可能性はなくはないなって思う。





夢のような庭も、いつか。





サボテンたちも生き残っているものたちは、今年急に大きくなった。お世話、またやる気出てきた。生きてくれてありがとう。


poemes d'un jour 182

朝。鳥が鳴いている。新しい鳥の声。渡り鳥か?

音楽を聞きすぎたかも、頭がちょっとバタバタしている。



初めて平日デートした。
カラオケに行った。




ほぼ全部 LUNA SEAを歌ってしまったな...学ぶところが多くて。いざ歌ってみると、1曲の中で色んな技術が使われてて、真似が難しい。もっと降臨させなあかんのかも。笑

 

長野さんはナンバーガール、ブランキー、ミッシェルなど絶唱。 LUNA SEAは苦労してた。笑。ミスチル、ユズ、河村隆一は普通に上手かった。 LUNA SEAと河村隆一、同一人物やけど、やっぱ違うねんな...と再確認。笑

 


お互い歌の練習。

とりあえず何も歌ったことがなかったので、ザーッと色々歌ってみたけど、次回は数曲厳選して集中して洗練させて行くか。



久しぶりに会って、なんかドキっとしたな。
1週間と少しぶりだけど。

初めての場所に行ったのも楽しかった。





おまけ:(お役立ち情報かもしれないので...)

 

この日の昼にSUGIZOの食レポ動画が送られてきて見たせいで、普段はそんな気になることもないけど、天一のラーメンが食べたくなった。たまたまカラオケのめちゃ近くにあったのでGOした。笑



新しい感覚。

 

 

こしょうバシがけするの忘れた...

SUGIZO...YouTuberやってるねんな...すごい

 

連動している。

 

 

poemes d'un jour 181
朝。光の位置があの蝉の頃とは大分違う。窓辺よりキッチンの方へ。光が長い。キッチン全体が、光に溢れている。植物たち、気持ち良さそう。

送られてくる遠い場所の木も真っ赤だ。
写真の空や雲を見るだけで空気や気温も感じる。
それだけこの季節を経験したということなのかも。


YouTube、チャンネル登録が231人になりました!!
どうもありがとうございます。
小目標の250人まであと19人。
500人くらいから楽に伸びていくという噂を聞いたので、その時を楽しみに小目標を1つずつクリアで頑張る。



MUJI Channel
https://www.youtube.com/user/MujikaEasel

オフラインでも広める可能性があるなと前から思っていて、MUJI Channelのフライヤーを作ろうと思っています。これも残り3本のライブが終わってからか。カバー写真もちゃんと作ったりしないとな。



活動を洗練。

あー、本当に慌ただしかった。

じっくり洗練したい。



昨日は天下茶屋のピアノ教室の体験レッスンのお申し込みもあり、多分習ってくれると思うので、ギリギリだった収入が回復。冬は光熱費やタイツ、靴下など補充でこれまでの数倍かかるので助かる。会も多いし。どんな方か楽しみです。レッスンも再充実させて行きたい。(スタジオ貸し出しも今日は12時〜19時まで埋まっていて、助かる。最近多い。助かる。やはりなんとかなるようになってるんやなと実感。)


ライブを減らしたので、全部出来ると思う。

11/2のライブ〜11/17のライブの空いた時間だけでもクラシック演奏会の練習をしながらでも新曲制作や整理が色々出来たので。12/1の演奏会が終わったら、ピアノの練習時間が激減するので(良いのかそれで?笑)ガンガンやれる。いやー、でも来年の演奏会、何を弾こうかなとか既に考えたり。自分は忙しいなと思いました。

でも全然しんどくなく、全部楽しいから、充実。
作業は早い方なので、方針が決まりさえすれば少しの時間で出来ます。


何かに導かれて。

進むぞ。


poemes d'un jour 180
書くことが追いつかない。ダンスのワークショップと、bar HOWSで健ちゃんの蕎麦打ちイベントと...。美味しかった。



昨日は灯油が買えたのでほっとした。そういえば、昔、瓢箪山に来て間もない時だったか、灯油のトラックがなかなか捕まえられずに、切らしてしまって、スムースさんと健ちゃんが街で灯油を調達して山の上まで車で持ってきてくれたな...とか思い出しました。ありがたかった。ライブの時に電子ピアノのケーブルも持ってきてくれたのも思い出しました。

日々、なかなか忘れてしまうけど、きっかけさえあれば思い出せる脳みそで良かった。なんでもすぐ忘れるからここに書いて復習するというのもあるのだけど。

今年は、近所のクリスマス会にも御誘いいただき、クリスマスデートもあって、忘年会もあるし、年越し蕎麦もbar HOWSで食べれそうだし、リタニで新年会も決まってて。近年特に何もなかったので(リタニクリスマス演奏会はやったけど)、凄すぎる。新曲作る暇があるのかどうか。多分、あります。

HOWSで会う人たちにはそれぞれ色々よくしてもらってるな〜...


新曲「断崖より」のいいねやリツイート、どうもありがとうございました!!!

すごく嬉しいです。
自分でも気に入った。
またライブなどあり、ちょっと間が空くかもしれないけど、次の曲も隙間時間にこつこつ頑張ろう。

最近、絵文字で表現するのがしっくりくるようになってきた。右脳使いで。笑



今年は、色々共有が可能になった年で、人とのご縁がとてもあり、随分変われたように思う。それがかけがえなくて、大切にって思って。そして、最近はそこからまた自然に歌も歌えるようになってきたので、来年はさらに一回り外側へ飛び出していきたいな。



音楽家というか、音楽の人として、人前にしっかり出れる、届けれる準備をしよう。考えとか、細かいことから整理。



今年、結構頑張ったな。

ライブもたくさんしたし、リリースもしたし。


今年は、あと、11/17東京ライブと、11/26廣樹さんとのハードレインと、12/1クラシック演奏会。準備&本番、頑張ろう。是非、見にきてください。

poemes d'un jour 179

感動している。

新曲が出来たのと、昨日友達の誕生日だったのと、色々。

 

 


新曲が出来るに当たって受けた影響はたくさんあって。友達、彼氏、イベント、昔の自分、LUNA SEAとかもやし(笑)、日々の全部かな。たくさんの影響で編まれた時空を無意識に過ごしている私たち。何一つ欠けても「今」という時は、なかったかもしれなくて。世の中はそんな成り立ちで。全てに感謝しています。

そんな風に受け止めれる状態で居たい。

 


 

断崖より- Mujika Easel(『愛と時空』demo)

 

新生Mujika Easel

最近制作を始めた『愛と時空』シリーズの新曲

 

現在の風景の中で、過去や未来が混ざった感覚。

途中から光輝く感じ。

 

新楽章、はじまり。

 

 

断崖。

ここからは世界がよく見える。

愛を感じたい。

素直に。

 

何度失敗しても、また立ち上がる気ではいるけど、そろそろ本腰を入れれる時期が来たのかもって。昔は心身の調子がずっとよくはなかったので、色んなこと継続も出来なくて。Mujika Easelと庭だけはなんとか...残っていて良かった。もう一度、ここから頑張りたい。外へ。

 

 

リリースの方針なども考えています。配信をしたらCDが売れなくなるのかもというのと、アルバム一枚続けて聴くことを想定して曲を作っていたのとか、スマホで聴かれてしまう音質の面とか色々あったのですが、リスナーのことを考えた時に、CDも配信も全部あって選んでもらえる状況を作っておくのが一番良いのかなって思いました。それぞれの人に都合の良い聴き方で聴いてもらえればと。

なので、そう遠くないうちに2nd album『海辺より』もapple musicやspotifyで聴けるようにしようと思っています。

 

あとは、家でも良い音で録音出来るシステムが整えば新曲を配信していくのもありかなと思うのですが、マイクを立てるのがまずめんどくさくてやる気にならないんですよね...iPhoneにiPhone用のSUREのマイクを付けてピアノの譜面台に置いて、同時に弾き語りをして、それをPCに入れて、PC内蔵マイクでコーラスを録る...というのが今の所、自分の労力の限界です。ケーブル1本も繋いでない(笑)。もう少しセッティングにやる気が出たら良いんですが...。ピアノの調律もしてないですしね。

 

でも、調律されていないピアノの滲みも、海や光っぽくて良いかも。

今はそんなに透明な世界じゃなくてもいいのです。

 

「断崖より」2月のライブで演奏したいな。

それまでにきっと、あと数曲、新曲を作りたいな。

 

 

 

 

 

 

poemes d'un jour 178
晴天。良かった。今日は晴れて欲しかった。出かける予定もないただの休みの日だけど、休みの日は光に包まれてふわっとしていたい。洗濯もしたいし、庭仕事もしたいし、やっぱり晴れが良い。

昨日は天下茶屋でピアノの練習と東京ライブの準備と隙間に新曲の続きなど。久々にご飯のついでにテレビでかかっていた推理ドラマを最後まで見たけど(母が毎日何本も見続けている)、やっぱり序盤で犯人を当てることが出来た。洞察力健在...騙されないぞ、と。笑。




今制作中の『私が歌になるまで』というテーマを一区切りつけて『愛と時空』というテーマで曲作りを始めていて、『愛と〇〇』というのが1st Album『Love and Realism』と同じだなってぼんやり思って、思い出した。

最近は難しいことは何も考えてないけど、20代の頃は哲学的にいろんなことを考えていて、最後までさっぱり分からなかったのが『愛』についてと『時間』についてだったのですが、それが自分なりにですが、今自然と理解出来ていて、自然に目の前に現れてきた。

1st Albumの『Love and Realism』は2006年の作品で、衝動的作品です。なので、自分で聴くと嫌悪感もなくはなかったのですが、久しぶりに聴いて、始めて安心出来た。リリースして良かったと心底思えた。



『Love and Realism』Mujika Easel
「spotify」「apple music」などで聴けます。

https://open.spotify.com/artist/6Tlv4hiQKjzjdoq0VTzgka

ストリーミングしていただくと、1回1円未満ですが、収入になりますので、よければがんがん聴いてください。こちらの作品はフィジカルの特殊ジャケットCDもまだ150枚くらいは在庫がありますので、ライブ会場などでお買い求め頂けると大変嬉しいです。


今本当に、レコーディングする資金に困っている...。生楽器で良い音でバンド編成でレコーディングするのにはジャケットも全部合わせて毎度60〜70万円かかかるのですが、前は元が取れてプラマイゼロくらいでそれを次の資金として回していたのですが、昔ほどCDが売れにくくなっているみたいで、マイナスに突入しています。そこを打開していかないと、曲は出来てもリリースがなかなか難しくなる。生活費もギリギリなので、レコーディングの為に貯金も出来ず。でも、レコーディングする時期までにはなんとかはなるかな。いつもなんとかしてきた。

諦めずに、整理して、勉強して、打開していきたいと思います。

購入してくださっている方々には本当に感謝です!

作品は残るので、妥協したくないですしね。
なんとか妥協せずに、やっていきたいです。
そこは守りたい。

牛歩でも頑張る...!


また作品についても、カテゴリーを作って何か書いていけたらと思います。
poemes d'un jour 177
新曲を書く。クラシック演奏会のピアノの練習と並行して、新曲を書く。天下茶屋へ向かう電車の中で書く準備が出来た。





今年のGWから作曲がはじまった新曲シリーズ『私が歌になるまで』ですが、9曲出来た(うち1曲はまだどのライブでもやっていない)その制作のおかげで8月頃には私は歌になれたと思った。なので、これからは次のテーマ『愛と時空』で曲を書いて行こうと思います。詩は前からあって、曲をつけていく感じ。加筆修正は必要だけど。

そんな感じでいくと、GWと年末は曲作りが出来る。資源は尽きない感じ。詩が書けない、曲が書けない時期が10年くらいあったと思うので、幸せだなと思う。

止まっていた時が、日常が、人生が、動き出したら曲が出来るんやなって思った。


今日は「断崖より(仮)」という曲のラフが出来た。響きが良い感じ。歌ものだけど、響きが。フランス歌曲の影響かも。他の曲はまた違う感じにする。詩からのインスピレーションで書く。最近は、言葉と音の同一性みたいな感覚も獲得していると思う。何にも縛られていないけど、自由に選択も出来て、結構、自由な心地。いろんなジャンル関係なく要素を自由に、最終的には自分の音楽にちゃんとなる。

楽しい。
し、自信あり。





明日は東京ライブの準備をしよう。
30分と思ってたけど、45分間、演奏出来るみたい。