<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
poemes d'un jour 137
夜中の3時、bar HOWSより帰宅。出だしをこう書くのは久々な気がする。

遅く着いたのもあり、今日のHOWSは久しぶりの3人だった。友達の家に来たような感覚。前はクラスメイトだったけど、今は、二人とも、友達だからだと思う。扉は開いたまま、音楽もかけず、なのでbarっぽさもそこまでなく。今日は私が報告しに来ると分かってくれていたのでそうだったとか?

和む。

彼氏ができた!と報告をした。

めっちゃ喜んでくれて嬉しかった。
スムースさんもしみじみ喜んでくれた。
ずっと見て来てくれた。
私一人じゃ耐えられない心を支えてくれた。
二人に大感謝した。

仲良いけど「彼氏」っていう言葉、まだ実感が湧かない。
「彼氏」じゃなくても好きだし。
でもこれからは用事がなくても電話したり会える。
楽しいこといっぱいしたい。

自分が選んだ人が、そのたった一人に私を選んでくれた奇跡。

もう二人で睡眠不足にならなくていいんや。
仮眠で繋ぐも体力的にそろそろ心配だった。笑


これからHOWSで何を話そうかなって思った時に、何を話したら楽しいのかと思って、何気なくクラスメイトさんの写真を撮って見たら、色々おかしすぎて、みんなで爆笑。お腹が痛くて死にそうになった。こんなんでいいんやって。次はもっと可愛く撮りたい。笑

ここに来たら笑ってしまう。
どんな時でも。
温かくて、ほんわかしている。

「幸せオーラを分けて〜w」って言われたので「開いておくので勝手にいつでも取ってください!w」と言っておやすみを言った。


開いておくんだ。

ここでも、どこでも。


恥ずかしいとか、恐いを振り切って、勇敢に、開いておくんだ。

それで、きっと幸せやなって。

みんなも。


だから書くことにした。

みんなの前でも彼氏面して欲しい。

オープンがいい。

できるかな...?どうなるんやろ。

とりあえず、聞かれたら「そうです!」って言うところから始めよう。

未知の世界やな。

けど、周りの人見て、そうやってる周りの人たちを見てたから、そうした方がいいって、そうしたいって何年も前から思っていた。

隠すことなんか何もない。

堂々と生きる。

そうやって自分は一歩一歩、強くなれたと思うし、周りの人たちともそのまま付き合えるし、見守ってももらえるんやなって。



とりあえず、聞かれたら答えよう。

恥ずかしい=幸せ

な感じがする。

恥ずかしいまま、正直に、答えよう。



もっときれいになりたいな。

身も心も。

一緒に生きて行くんだ。



これが、愛が、一番大切やな、私にとっては。

他の何より。

恥ずかしくて、ずっと隠してたけど、昔からそうだった。

だから、これからも、今まで通り、そんなことを書いたり、歌ったりしていこうと思う。


そんな風にさせてくれる人だから私は素直でいられる。



これからもHOWS行く。
色んな人に会いに行く。
楽しいことたくさんしよう。

同じ時を過ごそう。
poemes d'un jour 136
朝、曇り。玄関を開けると山の匂い。ゴミ出し。やさしい曇り。柔らかい空気に懐かしさ、ほっとした。この時期は、来年の春のために毎年種まきをしていたけど、今年は省略。必要なら、春に苗を買って植えようと思う。でも、多分、今植えている子達がさらに大きくなるので、何も植えなくて、良いかもって思ってる。




いつも通り穏やかな朝。

寝ぼけながら、おはよう。

素敵すぎて、でも何が変わるのかよくわからない。

いつも通り、遠くの街の風景からはじまる朝。

庭の虫の声、やさしい。



愛すること。

知ってる。

昔から考えて、勉強してたから。

昔はさっぱり分からなかったけど、今は、知ってる。

そんな自分で良かったと思った。



家のことももう少しちゃんとできるようになりそう。

とりあえず、もうちょっと睡眠を取るところから、始めよう。




新しく作っていこう。

一緒にいよう。

意志で。

長年の深まった意志で。

自然から学んだ愛で。

短い言葉の必然の並びで。

揺れる木の葉をあつめて。



夢が叶った。

遥か遠く昔からの想いが届いたような。

まだ会ってもなかった頃の。

不思議な心地。

落ち着いている。



自分のままで通じる喜び。



素敵な人。

愛しい。



これから世界が変わっていくのかな。

もうすでに変わってるけど。



明日、HOWSに報告に行こう。



会ったらどんな感じなんやろ。

何か変わってるのかな、わからない。





待ってて良かった。

それを教えてくれた人たちのことも想ってる。

またいつか会いに行きたい。

あの海の街。




これからたくさん楽しみ。

だから、生活や仕事もがんばる。

ピアノの練習あと2時間、する。


poemes d'un jour 135
昼、12時に起床。ツクツクボウシが鳴いている。

ゆったりしよう。

私はゆったりしよう。

私たちはゆったりする。



声を聴けば、深い安堵に包まれる。


初心。
初心を大切にしよう。


連日書こうとしているものの、なんか違うなと、書いては消し、書いては消し、書けなくて。なんでかなって、その理由が今、分かった。


私は一人じゃなくなったからだ。

自分だけのことっていう認識が、なくなってしまい。

勝手に書いていいものかと。



私は独立しつつ、だけど同時に共有されていて。それは、自然なメカニズムで。でも、私は私なのかな。なのだろうな。

全く初めての経験、これから学んでいくのかも。

風が心地いい。



不変な気がする。

素直でいれば。



会いたいな。


そんな自分の気持ちを大切にしよう。

恥ずかしくなってしまうような気持ちを大切にしよう。



スレないで、いたい。



声、聴きたい。

ずっと恋していたい。

していようかな。

死ぬまでずっと。

一人の人に。

それが「私」なのかも。




大切にしたいから、慣れたくないのかも。

当たり前になりたくないのかも。



そのために、書くというのはいいかも。

朝の風や光を書き続けているように。



堂々としていようって、決めた。

外に開いていようと。



光や風や、庭や、リタニや、音や言葉や、

そこに人が一人増えた


だとしたら同じように愛したらいいのかな



はじまったばかり



涼しくなってきたから、また庭仕事もしたいな。

一緒にしたいな。

いつか。

って昨日思った。



poemes d'un jour 134
早く寝たので、早朝の早朝に目覚める。何度か二度寝をして、6時に着地。

肌寒い。

何をしようか。

掃除をした。




7時台。

光が入ってきたので窓の外を眺める。



良い風、光、虫の声、鳥の声。

心地いい。

穏やか。



そろそろ長袖が必要かな。



身体がましになった、ダンスしようかな。
早く起きたので時間がある。

ダンスした。




洗いものをした。グラス。
窓からの光が台所まで差し込んだので、水が輝き出す。

それは久しぶりの出来事なので嬉しかった。

太陽が低くなってきたということ。


光線の色は柔らかに。
黄色味を帯びている。


前髪を切った。



部屋から見えるあちらこちらの窓辺で光と影が揺れている。
こんな朝は何もせずに過ごせてしまうから、どうしようといった感じ。


どうしよう。

ピアノの練習をするか。

poemes d'un jour 133
遅い朝、窓を開ける。雨、山の匂い、鳥の声。

時を駆け抜ける。まさにそんな感じの日々。

ふとしたことから700年ほど前のことが繋がって。
まさかと...二人で身震いした夜。

その前は、久しぶりにHOWSに居た。
向かう電車の中でクラスメイトさんに「今日HOWS行く」と連絡したら「今日会えるような気がしてた、待ってる」と言われて嬉しくて泣けた。

それより前、急に電話がかかってきて、声を聴いた。
その声が、なんとも不思議で、世界が急に色づいて。



言霊。

自分の吐く言葉、耳にする言葉の命をとても感じる。10年ほど前の『現れる』という詩もそうだけど、最近本当にその世界が現れてきて。

言葉と通じる人間にやっとなれたんだなって。


言葉は、その前に、気持ちや意志であると思う。

立体イメージであり、存在である。

一つになったんやなって。



言葉とも。


そうやって愛するものと心を交わして。

私は私だけじゃないものになって。

より私になっていくようでもあり。



今日も心地よい風が吹いて。

ずっと前から育て続けている自分、年季が入っているので、信頼できる。



何も言わなくても伝わる。

一緒に感じているから。

だけど、話す。

丁寧に。



伝え合う。

聞き合う。



大切だから、丁寧に聞く。

私の話を聞いてくれる人と居る。

また話す。

なんでも話す。



機を待つこと。



本当に。




話の続き。

終わらなくて、時間が足りない。



どんどん始まっていくから。



抵抗がなくなっていく。

周りの力で、自然に。



ピアノを弾く。

緩楽章。





自分の感情や意志と時空の意志を分けて考える。

私は、歌を歌う私。

好きとか、そういうの。



動いてみる。




気になっていた場所の風景。

たくさん見せてもらった。



虫の音。

こっちの虫の音、あっちの虫の音。

こっちの風、あっちの風。

こっちの空、あっちの空。

こっちの窓、あっちの窓。



重なる。



動き出す。






poemes d'un jour 132
暑い、眩しい。私の部屋には、どちらの家にもカーテンがない。光をたくさん感じたくて。ただ、時間帯によっては日焼けする、肌が焦げそうな程に。それでも、私は窓辺に居る。

朝の挨拶。

こちらの風とあちらの風が繋がる。



「良い風」
って同じ時に思う幸せ。


一緒に風や光を感じる人が欲しかったんだな、私は。


リタニとも横に並んで、
一緒に風と光を感じていた。

そこに全部が含まれているから。

こんなに安堵するんや。




昨日は少ししんどかった。
体調は少しはましで、だけど少し異常が起こっていて、様子見中。
ホルモンバランスが崩れている、自律神経失調症気味もあり。
な感じ。

まずは、ちゃんと寝よう。
様子見して、来月もって感じだったら、病院検査行こう。

ゆったり過ごそう。



友達と話した。
伝えないといけないこと、伝えれてよかった。


最近中学生になってやめた生徒さんと勝手に来なくなる生徒さんも居て、収入が危ない。でも、勝手に来なくなる人は、疲れるし、来なくていい人かなって思う。


先日の燈門のみなさんのおかげで、今月は大丈夫。いつもなんとかなるので、気楽にしている。来てくれる人に感謝して、自然にしておく。

万一の時は、親にも甘える。最近、初めて素直にそう思えるようになった。持ちつ持たれつの関係の場所は、少しある。


世間は気にしない。

個人を想う。



連動している範囲が見える。


気楽に普通にしてると、勝手にうまく行く感。
そんな時空に乗れている気がする。
ここに居よう。


YouTubeのチャンネル登録が最近毎日のように増えている。
何もしてないのに。

減る場所もあれば、増える場所もある。

外、何かが変化していっているのを感じている。

私が変わったからかも。



波が伝わっていく。



風が心地よい。

良い風。

自分の望む人生に日々近くなる。



MUJI Channel希望が湧く。

もっとやりたいな。

poemes d'un jour 131
目に見えない範囲の把握、結構出来るようになってるけど、具体的にどうやってやってるのかを分析してみる。普段から鳥瞰の意識だったけど、それプラス何も考えないようにして、頭真っ白にしていると、非言語で何かが私の周りに漂っているのを感じる。その範囲が結構広くて。ピンで止めたその場所は、人が居る場所で。東京のあそこに住んでいるあの人とか、神奈川のあそこに住んでいるあの人とか、関西はもちろんピンだらけだけど。その状態を数日、数ヶ月、数年、結構長い間やっていると、何も考えなくても、そこと繋がっているようになっている気がする。どこでもドアみたい。色々送られてくる。それを受け取る。

みたいな。
合ってるかどうかはわからないけど、イメージ。
昔から離れていても家族とはテレパシー出来てた。

なので、相手もこちらを想っている必要はあって。

そうした時に、時空に道が通るのかな。
回路が出来るというか。

そんなイメージ。

同じ直感型の人で(無意識でも良いけど)感じ合えば、道が。

そんなイメージ。


あれこれ考えて悩んだりすると、道が詰まって届かなくなる。
道はパイプみたいに筒状のイメージ。
細くて細い筒だから、少しの邪念で詰まる。
自己否定とか、遠慮とか。

ただのイメージです。



窓を開けよう。
風を通す。
世界と繋がる。


今朝は秋のようだ。


邪念。
私は邪念だらけの人間だったけど。
今はほとんどない。
特に最近は澄んでいる。

前は自然そのものに近かったけど、最近は時空そのものに近い気がする。

けど、人間。

ただのイメージ。

ただのイメージが人を作るんやな。

信じたりとかじゃなくて、ただ無邪気にイメージ。

妄信的に信じることは、邪念やと思うから。



信じもせず、疑いもせずっていう真っ白な状態が、安心して本当に信じているっていうことなんだと思った。

その方向に自分が向くように、日々心がけている。

相手は特に、関係ない。

自分がそう在ればいい。



それが「落ち着き」かな。



私はそれプラス、今は、気にせず、そのままを言ってみるということに挑戦。

ただ眺めるでなく。

関わっていく。

もう傷は付かないのかも。

傷が付かない世界っぽい。

でも、まだわからんけど。

傷つくのも慣れてるし。

どっちでもいいです。
poemes d'un jour 130
たくさん眠る人、愛しく感じる。大昔からこの前まで、いつまでも寝て起きない人たち…のことがストレスだったけど。

部屋を片付けたい。
動画の編集をしたい。
音源を聴きたい。

いつもの場所で、ランチ。



色々話した。
人生に必要不可欠な時間、時空。
そういうの、最近、分かるようになってる。

大切な友達。

お互いにリスペクトがあってこそ。

良かった。



なんでもない写真を撮る。
私は別に要らないけど、あの人、要るかもしれないから、撮っておく。要らないなら要らないでいい。他の人が要るかもしれないから、SNSにアップしておく。



電車の窓から。

通り過ぎて行く場所。

切り取って。

「今」と名付ける。

気がついた分だけ、今が増えるんやな、きっと。



私は歩く。

そんな当たり前だったことが、こんなに愛しいとは。

影の中の銀河に気がつく。

世界が愛で満たされる。

明日も歩こう。




同じがいいけど、同じじゃなくても大丈夫。

変容に合わせて、それに合う未来を作っていく。
poemes d'un jour 129
朝、光と、かっかっかっっていう7角形の時計の音と、チクタクチクタクのゼンマイ時計の音。まるで時計屋さんの中にいるみたい。天下茶屋のリタニへ行く途中にある、大正時代から続いている時計屋さんが最近お休みしていて、おじいさんどうなったんだろうって。小学生の時、腕時計を修理してもらった気がする。そのことを最近、通る度、閉まっているシャッターの貼り紙を見る度、思う。

机、目の前にあるカンディンスキーの画集の表紙が、時計の内部に見える。




窓辺、光が差す。


朝、新しい私のイメージがやってきた。


服を着ていないような感じの服が良いなと先日のライブ衣装を考えたときに思って。そういう発想は生まれて初めてですが、たまたま飾り気のない肌色の服が1着あり、そう出来た。それしかないけど。

この前までは「自然」が良いと思っていたけど、今日からは「ヌーディ」が良いなと。人間の私そのまま。少し肉体的なのかもしれない。肌を露出とかではなくて。皮膚のような柔らかさとか。生っぽい感じの表現。特に服装という訳でもなく、全部に関連した生きるイメージかな。


インスピレーションに従う。


だけど、どうすれば良いかって、具体的には特に分からない。

頂いた生の花が、机の上にある。
そういう感じかも。

アンティークに正気。





今日の写真は彩子さんから学んだ技術を実践...(iPhone)

ヌーディな色かなって思って。
そんなに上手くいってないので、
また練習してみる。

でも、私の身体の一部が写真の中に入るという意味は精神的に良い感じ。


ビジュアルは、彩子さんと小山さんから影響を受けている。
正反対の表現だけど。
同じと言えば同じかな。


今日はお休み、ランチ。
帰りに天下茶屋でピアノの練習をしようかなって。

動画の編集もせねばと昨夜少し見返す。
8月末のリタニセッションデーのやつをやろうかな、今夜。

今から、準備して、出かける。
poemes d'un jour 128
山を登る。家に近い上の方で、やはり甘い花の香りがする。通り過ぎると無くなる。何の花だろう?香りがするのはいつも夜だし、暗くてよくわからない。

クラシックピアノの練習を少しした。
毎日隙間時間にやろう。

音楽は全部同じで、クラシックを演奏しても、やはり感覚が開けている。

昨日のライブでさらに進んだ気がする。
みなさまに感謝。

今を進む。
たまに不安になることもなくはないけど、信じる気持ちの方が断然大きいし、楽しくしていようって。楽しいのが好きなあの人を思うとそう思った。自分だけだと、悲しくてもなんでも良い気がする。悲しくても少しの幸せっていう感覚で生きていけるから。だけど、これからは、楽しくする。最近、たくさん楽しいから。



早いけど、誕生日祝いにお花を戴いた。
最近フラッシュ撮影が好きで、あえて毒々しく撮ってる。
存在感を出したいなって。

ありがとう。

誕生日イベントのこと、書いたかどうか忘れたので、もう一度書いておこう。誕生日イベントは無しにしました。またいつかの年に思い立ったらやるかも。ちょっとその周辺、忙しくて、無理。やるからには、企画をちゃんとしないとって思うし。こんな山の上まで来てもらうからには。片付けや料理や気遣いの気力もない。

お返しも出来ない人間なので、プレゼントを貰っても悪いし。でも、あと何年かしたら、ちゃんとお返しも出来る人間になれるような気がします。今はまだ他のことが落ち着いていなく、友達関係、そんなに出来ない。

プライベート?一人か、二人くらいしか付き合えないな。
それで十分とも言える。

明日、友達とお茶する、楽しみ。
ずっとしたかったので。


物理的距離。

最近、必要になった。

大切に感じている。



9月か。


何周かまわって、ただ恋してるだけやな...。

ただ愛しい名前を呼んでみる。



毎日、呼ぼう。



って昨日書いて下書き保存してた。

言ってしまっていいのかなって、迷って。

まあいっか。

って



朝起きて

「おはよう」

って言ったらそう思った。