<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
7/1@燈門ライブ後記

オフィス街にあるbar燈門でのライブ。駅の階段を上がると、中高と私が6年間通った学校の前を通ることになり、懐かしかった。過去の自分は嫌いだったはずだけど、温かい気持ちでの眺めた。



幽霊みたいな自撮り。一度も着ることなく長年タンスにしまわれていた白いワンピース。靴は昔、ライブで東京と真鶴に行った帰りに寄った名古屋の古着屋で記念に買ったもの。


燈門というお店は最近できたみたいだけど、元々前に出させていただいていた創徳庵というお店の方たちのお一人がはじめて、ピアノも前の店にあったあのピアノ。いつかの年末に、ご縁で修理を手伝わせてもらったピアノ。埃の掃除、フェルトの張り替え、弦も何時間も磨きました。



燈門のお店の環境にあってるのか、あれから調整が進んだのか、以前よりとても弾きやすいし、音も良かった。とても気持ちよく演奏できました。


このピアノやお店の経緯も聞かせてもらえて色々感じれたからか、とても安心して、自由に演奏できた。今回は、ヴァイオリンの秦さんの紹介でここでのご縁を頂いた。毎度かな…(笑)とてもありがたいです。演奏する幸せを感じました。


個人的には即興要素がある曲が楽しかった。秦さんの音や間合いも自然で自由を感じた。


聴きに来てくれた皆さんが楽しんでくれてたなら嬉しいです。お酒に合うと言われましたね。お酒にも合うんですね。意外と。


liar's lie is not lieが楽しかった。憧れの昔のmujika easelに届いた。今と過去が一体化したような感覚が嬉しかった。ゴムみたいな伸び縮みする時空。


この先は明るいなと感じました。


両足靴擦れだけど、衣装は気持ちがシャキっとした気がするし、お客さんを楽しませることもできるかもしれないし、今後も用意します。ライブが終わったらバックパックで山に帰る人ですけど。


様々なものが呼応して漂う良き時空でした。

ありがとうございました。



ライブ後記(3/29)


楽しく無事一日が終われて良かった。

軽やかに部屋の窓から飛び立つ鳥の気分で、穏やかにゆっくりな呼吸の樹木の心地だったような。

はじめてバイオリンの秦さんと一緒にライブ出来て、とても心地よかったです。
久々感動しました。
ギターの上西くんともとても心地よかったです、また違う心地よさです。
まったりしました。



3人でも演奏しました。

音楽って楽しいなと思いました。

すごい普通の感想だけど、純粋に、楽しいって思えて良かった。
一人では、なかなかそう思えなくて、一年に一回はやめたくなります。笑
植物やってる方が楽しい。
だけど、続けていきます。



ライブ後も色々楽しかったです。

良い時間を共有してくださった皆様、どうもありがとうございました。

4月は、企画はお休みで、5月はどうするかは、レコーディングの状況次第かなと思います。
5月もお休みしそうですね...なんとなく。

今日という日があって良かったです。
色々に感謝しています。
ライブ後記(2/28アトリエリタニ)
毎月の自宅アトリエでのワンマンライブ企画、2回目が無事終わりました。来て下さった方々、一緒に演奏してくれた上西くん、どうもありがとうございました。

ライブ時の自分の在り方は、ライブをする度に考えているのですが、今まではしっかり練習してやるという方法だったけど、「間違い」や「ミスタッチ」という概念が発生するし、精神的な縛りがきつくなっているような気がしたので、今回は練習せずに思考も出来る限りせずに、ただ演奏するということをやりたくて、今日のお昼に一通り曲のおさらいをしただけでライブに臨んだ。姿勢も最近は背筋が伸びてちゃんとしていたけど、今日は思い切って、姿勢を悪くした。色んな縛りを解きたくて。私はピアニストじゃなくて、ただの人。

前に練習したストックだけで、直感的に音を出して行く。上手く行ったところもあれば、音源の記憶が残っていて中途半端になってしまった曲もある。昔は、そういう変な音も何も気にしてなかったけど、今は知識も耳も昔よりあるので気になる。だけど、気にしない強さ(音楽の大きな流れが活き活きしている)の方が大事だったような気がして、その辺に取り組んでいるところ。その場のインスピレーションを大事に活かして行く音楽なので、その方が豊かになりそう。

今日は最初から緊張は全然なかったけど、長時間集中して演奏するということでさすがに疲れた。2時間は結構しんどかった。最後の方は集中力が保たなくて、雑になってしまったような気もしなくもないので、次回からは45分×2回にしようと思う。

と、先に、課題などを書いたけど、そういう細かいことは置いといて、今日もとても良い時間を過ごせました。


前回も来てくれた人は二人で、あとは新しい人たちが来てくれて、新たな人に一緒に体験してもらえたことが嬉しかった。いつも見に来てくれる方も当然嬉しいです。CDもたくさん買っていただいてとても嬉しかったです。よりより制作生活の為にと、一ヶ月にこれだけ売れたら良いなと目標を立てたばっかりだっけけど、今日の一日でクリア出来ました。みなさま、ありがとうございました。気に入って頂けると幸いです。

私が昔から基本にしていた「音楽」は、「間違い」や「ミスタッチ」という概念がない音楽で、即興演奏は本当にそうだけど、それを曲でも昔は出来ていたので、その域にもう一度行きたいです。もう少し。

「音楽」を演奏している間は、自分がなくなるほどに音楽に近く在りたい。「間違った」と思ってしまったら、その瞬間に「自分」が濃く現れてしまう、それが「音楽」にとっては余計なものなんです。音楽を演奏する人になりたいんじゃなくて、音楽を演奏したいから。

上西くんとのデュオは、今日も楽しかった。コハクで一緒になった時にも感じていたけど、絡みがエキサイティングな生もので面白い。一拍目が普通に合うだけでも、合い方が豊潤で面白い。そんなやり取りから大切なものをどんどん思い出してきている。

まだまだ課題が山盛りな私ですが、毎度、前回より良いライブを...と思っているので、良かったらまた見に来てください。ありがとうございました!


次のライブは、3/14の星屑採集です。
この日は天体で出演します。

そして、現在決まっているライブはこれで終わりです。

このワンマン企画、3月もやりたいのですが、お休みするか半々な気持ちです。
出来ればやりたいです、スケジュール見てみます。

ライブ後記(2/11スペースオー)


神戸元町のスペースオーにて天体のライブ終了しました。今回は、Polar Mさん、ハチスノイトさんのWレコ発で、たくさんのお客さんが見に来てくれていました。ご来場くださった皆様、共演者の方々、スペースオーのお二人、あと企画や色々してくださったsleeplandの米村さん、本当にありがとうございました。

今回は、20キロある電子ピアノを一人で電車で持って行くことに初挑戦でした。数日前から、バリアフリーの乗り換えを思案し、見つけた経路は、いつもより乗り換えがひとつ多くなりましたが、花園町→大国町で御堂筋線に乗り換え→梅田で阪神に乗り換え→元町という経路でした。結構まだ階段しかない乗り換え口もあるのです...。そんなことより、家の部屋が3Fで、スペースオーも階段で3Fなので、そこが問題でしたが、家では母に手伝ってもらい、スペースオーでは米村さんが手伝ってくださり、なんとか運ぶことができました。

それでも、全身打撲のような、痛みが...。
押して歩くだけでも、結構しんどかったです。

でも、安田莉沙さんも同じのを同じように運んで、がんばってるんだと思ったら、乗り切れました。そして、先ほどやっと、体力無く一階に放置していた電子ピアノを母に手伝ってもらって自分の部屋の廊下まで持ってこれました。

また機会があって、バリアフリーで行ける場所なら、持ち運ぼうと思います。
徐々に慣れていくだろうと思います。

この電子ピアノは小さい音がちゃんと出て、とても良いのですが、結局、この日は身体が緊張していて、それが活かしきれませんでした。もっときちんとコンディションを整えようと思いました。運ぶ時に腕の力も使いすぎないように。笑

ライブはなんとか無事終えることが出来て、ほっとしました。
天体で歌っていると、耳が開いて、自分の口を開けるときのリップノイズやつばを飲み込む音が大きく聴こえ過ぎて、心配になるんですけど、終わったあと、色んな人に良かったと言って貰えて、本当にほっとしました。

真面目に演奏したんですが、終わった後、しばらくして、曲の途中で、即興的に暴走すれば良かったと思いました。しちゃだめと思い込んでいることが多過ぎて、一度、どこかで、開放した方が、もっと豊かな音を得ることが出来る気がしました。

だけど、少しの変化がものすごく大きく感じてしまう音楽だと思うので、すでに豊かなのかもしれません。

先の領域を見るためには、演奏を繰り返すしかないです、特に本番を。
その中で見出して行く、空気との調律。

ギターとタイミングが合った時は,ほっとします。
そんなこと感じず大きなものに包まれて拍を数えなくても一緒に無意識的に進んでいける時もあるんだけど。
空気が乱れても、合わせてくれる松本くんにも感謝です。

そして、より生きている空気を持つライブという時間に感謝いたします。

たった一音を出すだけで、感動に包まれる時があるのは、大体そんな時です。
リラックス出来ている通常時よりさらに、色々を乗り越えたときに。

この日は、調子悪く、共演者の演奏、全部見れなくて、それがちょっと心残りです。
また機会があれば、見に行きたいです。
ハチスさんと久しぶりに会って話せたのも嬉しかったです。
伽月さんと上坂さんの新ユニット、名前覚えられないけど、めっちゃ好きでした。
私と似た空気感で、そんな人たちが居るんだということに、かなり安堵しました。
この前のコモンカフェの善太郎くんもそうだなと思いました。

ライブ会場では、自分だけ浮いてて、いつも孤独感や身を隠さないといけないような所があったけど、結構居るんですね。安心します。

日々、変化しつつ、その時の今、出来ることをしていこうと思います。

この日も、いつものように、皆が素敵な一日でした。
ありがとうございました。
ライブ後記(2/7コモンカフェ)






今日は善太郎くんのリリースパーティでライブをさせてもらった。
イノオカタクロウ(adusai)さん、カメイナホコさん、矢田伊織さんと。

伊織さんは人は少しは知ってたけど、どんなプレイをするのか知らなかったし、あとのお二人に関しては、会ったことも聴いたこともなく、楽器も何をやるのかよく分かっていなかった。リリースパーティに、こんな未知なものが混ざるのが面白いなと思いつつ、どうしよう...?と、思ったけど、わからなさすぎて、何も考えていませんでした。

一ヶ月程触っていなかったバンドネオンとヴィオラを持って行った。今日がなかったら、もっと長い期間触らなかっただろうから良かった。バンドネオンも、どの場所がなんの音かかなり忘れてしまっていたけど、楽曲をやるわけではなかったので、特に気にせずに。

持って行って良かったです。色んな人がバンドネオンという楽器に興味を示してくれた。それは、見た目も、音も、とても魅力的だからなんだと思います。それを知ってもらうだけでも私は嬉しくなります(もっと色々弾いて聴かせれたら良いんですが、難しくてなかなか...)。

私のバンドネオンは、1927年製のERA社の楽器です。

バンドネオンの他に、ヴィオラと声も出しました。
あっという間に時間は過ぎ、全員急に音が止まって、終わりました。

そして、気がつくと、今日も、ほとんど緊張していませんでした。

最近は、Mujika Easelの曲ばかりやっていたので、たまには、こういうのも良いなと思いました。

善太郎くんの演奏は本当に良い時間だったし、他出演者のみなさんもそれぞれ個性的で、とても楽しみました。
ネリさんのカレーも美味しかったです。
色んな人に会えて良かったです。
みなさん、どうもありがとうございました。
ライブ後記(2/1流流)


昨日、阿倍野の流流でのMujika Easelライブが終了しました。まずは、来て下さった方々、流流の西村さん、共演者のみなさまに感謝いたします。とても良い一日でした。

流流は、木造の民家を改造したようなスペースで、うちから自転車で5分くらいのご近所さんです。空間の響きがとても良く、なんなんでしょうね、嬉しくなるような心地よい生の音です。マイクなしで、生声でライブをしました。

演奏した曲目は、
1.即興
2.Like a bud
3.戯れの痕
4.遠景(ギター)
5.そこにある風景、変わらないもの(ギター)
6.Love and Dream, Sergei

でした。



今、自分の曲を改めてひとつずつ育てているところです。制作しはじめたアルバムに収録する曲を確認するという意味もあって、毎回、新しい曲も少しずつやっています。

今回は、ギターの2曲を上西くんに参加してもらいました。上西くんは、Lavender Pillowでもコハクでも一緒に演奏しているけど、お互いのソロで対バンするのははじめてだったし、デュオで演奏するのもはじめてでした。そして、リハで一度合わせただけだったけど、一人でやっている時より、曲のイメージが浮き上がって来るようなギターを弾いてくれて、とても嬉しかったです。他の人にはない、独特の良い味を持っている人なんです。特に「そこにある風景、変わらないもの」が良くて、お客さんにも好評でした。また一緒にやってもらおうと思います。

リハで、最初はピアノソロのリハをしていたのですが、ギターデュオのリハになってからは、声が伸び伸びしてきました。とても良い心地でした。



上西くんの曲にも、1曲参加させてもらいました。知っている曲だからと、特に練習もしていなかった所為で、ただふわふわっとしていただけですが(汗)、楽しかったです。



グランドピアノで家で弾いていると、ピアノの残響が深く長いので、テンポはゆったり目になっていましたが、先日のベアーズで電子ピアノを弾いたときから思っていたのですが、電子ピアノの場合は、残響が少ないのでテンポはほんの少し早めでスーっと進めます。曲のイメージが少し変わるのが面白いです。

そして、流流の響き。やわらかく包まれるような心地よさ。やっていて、曲の間合いなどがいつもと違うようになりました。そうやって、空間と会話して、曲が生き物のように変化することこそ、自然で自由で、捕らわれていたものが解けていくようです。

そういう意味で、家で練習したのと同じことをやるだけっていうのは、本当違うなーと思いました。最近は、しっかり練習して、しっかり演奏しようと思っていた所もあったので、ちょっと固くなりかけていたところもありました。でもそういう思考って、恐さから来るものだと思うので、やっぱり違うなと思いました。必要な練習はしますよ。

あと、今回もうひとつ、良いことがありました。
声のこと。
喉の奥にひっかかりがあって、数ヶ月か1年か、取れません。その所為で、ある音域に行くと、自動的に不調になるのですが、本番前にそのコントロールが出来た。次、また出来るかはわからないけど、何かを掴んだ気がします。

そうやって、ひとつずつ、超えていきたいです。

今回、本当に色々貴重な体験が出来て、これからに活かせそうで、良かったです。ありがとうございました。
対バンのみなさんも、みんな流流が好きなんだなーと思いました。
やわらかな一日でした。

次のライブは、
2/7@中崎町コモンカフェで即興演奏
2/11@元町スペースオーで天体
です。

Mujika Easelのライブは、
2/28にアトリエリタニでのワンマン企画があります。

それと、2/22に京都の友達の家で牧野くんという方のレコ発があるのですが、それに出演させて頂くことになりました。この日は私はギター弾き語りです。

またご都合よろしければ、是非聴きに来て下さい。
新しい曲もどんどんやっていこうと思います。
長年やっていなかった曲が、まだまだあります。笑

ライブ後記(ベアーズ)
Mujika Easel with 原口裕司でのベアーズライブが終わった。
見に来てくださった方々、ベアーズの皆さん、共演者のみなさん、どうもありがとうございました。

前日にお知らせした通りの曲目で演奏した。
MCはもう苦手でもないけれど、出来るだけ空気感を壊したくないのであまりしたくないです。だけど最近は「曲の名前も知って欲しいな...」と考えるようになり、MCでは言いませんが、ここに書こうと思います。

原口さんと一緒にやる時は、即興演奏の要素を出来るだけ活かしたセットが良いです。

イントロ(即興)〜ホワイエの飾画(2nd Album「海辺より」より)は原口さんとやる時の一番のお気に入りです。次の長めの自由な即興演奏では、私はいつもJardin(2nd Album「海辺より」より)のモチーフを用いてしまいます。ほとんど感じるままに響かせて、時にほんのたまに意図的な一音で揺らぎを再び生む感じかな。素直に楽しいです。その次は、「遠景」というギターの曲を演奏しました。もう10年以上前の曲で、歌詞は別の方が書いてくれている日本語の曲。懐かしいけど、懐かしくなかったです。最後にまたピアノに戻って「in the room」を。これも10年以上前の曲でした。昔、ライブでいつも終わりの曲としてやっていたのを思い出して、最後に演奏してみました。


今までで、一番緊張せず、全く普通の状態で演奏が出来ました。それは自分にとっては奇跡的で、ものすごく嬉しかったです。普段から自律神経失調症もあってか、全身緊張していて、思うように演奏が出来ない時も結構ありました。起きているだけでしんどい日もまだあるのです。毎度、こういう状態で演奏出来れば、もっとやりたい表現も出て来そうです。明後日のライブはどうでしょうね...緊張するかも...本番になってみないと分かりません。出来る限り、本番前にストレッチなどして、ほぐそうと思います。

今日は、難しそうな曲は全くやらなかったので、そのおかげもあったのかもしれませんね。

はじめ〜中盤辺りまでは、美しい世界に居たような気分でした。そのあと、MCをしましたが、やっぱりMCなしで、最後まで行った方が良いかもしれませんね。笑。そしたら、映画みたいになるかも。

ライブをするって何なんでしょうね?

一番最初にライブをはじめた若い頃は衝動だったと思いますが、そのあとも伝えたいことは特に何も無く、純粋な音遊びと自己表現や音楽表現のような気がしました、そして今は、自己表現も別に必要なくて、伝えたいことは言葉ではなくて、想いでもなくて、何なんでしょうね...伝えたいものがあるというより、伝わる時空そのものを作りたいのかな。

そんな感じで、今は、ただひとつひとつ丁寧に、しかし出来る限り無意識に、音を落としていきたいと思います。

無理矢理、言葉にするとそんな感じかな?
しばらく、こんな風に、言葉にもしてみようと思います。

明後日は、阿倍野流流で、15時〜またライブをします。
マイクが無いので、生の声で歌います。
まだ違った空気、良かったら感じに来てください。

CDも買ってもらえてとても嬉しかったです。
対バンのみなさんも、ほんわかで楽しかったです。
良い日でした。