<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 裏側の世界 | main | 眼鏡をやめた世界 >>
人間の蓋

今のままではこれ以上歌えないと思って蓋を開けたみたい。私はいつでも私より賢い私についていくのに少し戸惑っている。今日はたくさん曲を聴いて感動しました。潤った。



 



なぜ私は私の歌いたい歌を歌わないかというと、今までの経験からみんながあまり好きじゃない感じなんやろうと思うからです。家でひっそり泣きながら歌う。本当は人前で歌いたいのに歌えない。明日会社に行かないといけない人は聞かない感じの曲が私にはシンクロするけど、ほとんどの人が明日会社に行くからかも(明日はたまたま土曜日で休みかもしれませんが、日常のたとえ話)。



偏見かも。文章を正確に書くのは難しいけど、そういう側面も一つという感じです。楽しい曲も好きだし。難しい。文章で表現するの諦めた。



私は本来地球の穴の中の人間なんですよ。





そう言えば昔は良く彼岸って言われたな。



その次は海みたいって言われることが多くて。



近年は光って言われることが多い。



みんなすごく分かってる。



実際そうでした。



 



これから私の歌はまた少し変わります。



次こそ、生きている人間になれるんかな。



彼岸かな。



わからんけど、どっちにしろ自然じゃなくて人間かなって思います。





今日の動画です。





 



タケヤリくんシリーズ最終回。レッド ツェッペリンの「天国への階段」のカバーです。



自分に合ってる曲とは言い難いけど、とても楽しかった。



それに、たくさんの素晴らしい贈り物を頂いたような...。



皆さんに、感謝しています。



 



また、よかったら私の歌を聴いてください。