<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< poemes d'un jour 83 | main | poemes d'un jour 85 >>
poemes d'un jour 84
揺れ動く、私の

孤独やな

デフォルトが



人に合わせないと、人と合わないん

どんどんずれていく



昨日から感じる、ずれ

どんどん開いていくんだ

bar HOWSに居る時以外は



1つでも、人と居れる場所があるから生きてはいけるけど

あしばさんと彩子さんも居るし



でも、好きな人は離れていってしまうね

また、前と同じやな

私の孤独は計り知れない

誰と比べてみても、私の方が...

同じって思うのは、やっぱり太宰治くらいかな

ゴッホとか

みんな40歳くらいで自殺してるよ...

私は死なないけど



もっと自分の中に女性のイメージが欲しい

男性みたいに思考したら言葉に押しつぶされて死んでしまいそう



でも私が惹かれるのはルドン、カンティンスキー

絵画、何が一番好きなんやろう

分からない



再生されればされるほど、嫉妬される確率も上がって

遠巻きに見られる確率も上がって

余計に誤解されて、勘違いされて、私は孤独になっていく

女性らしくしても、嫉妬されて

笑顔で居ると、嫉妬されて

まあ、無表情で居るのが一番平和かなって



仲良くなりたい人とも仲良くしないのが平和かなって

それかみんな平等に仲良くか...



自分が消えてしまう

だから、みんな居ない方がまだいいのかな

どっちも嫌ですけどね



仕方ないこともあるのかも

美しい世界



たった一人

守られたい



ただ1つの願い

そんなことがこんなに難しいなんて

生まれてきたときには、思ってもみなかった



他は大体なんでもできるのに





また泣いてますよ

仕方ない

流れてくるから

涙とか音楽とか



この人のことも、昨日、まあ、思い出しました

友達だったな

もう居ないけど