<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< poemes d'un jour 87 | main | poemes d'un jour 89 >>
poemes d'un jour 88
夏休み感満載。ピアノの発表会が終わった。最大のプレッシャーがなくなって、開放感。遊びたい。

生徒さんたちも頑張りましたが、今回私が任されていた初の講師演奏のこと。



大勢の前で、ホールで、クラシックピアノを演奏するという過酷な試練でしたが、昨日のライブみたいにほとんど自然体で演奏出来た。音がピアノにホールに響いていく質感や方向や重量を感じながら、聴いてくれている人に中身のこもった音というか、音楽を少しでも届けたいなって演奏中にぼんやりそんなことを思ったのは初めてかも。特にクラシックピアノでは、ミスした、ミスしないがあるし、なんでも許される自由な音楽とは正反対に位置しているような感じにも思えるようなジャンルなのですが、でも自分の自由な演奏が出来た。昨日のライブや即興演奏とさほど変わらない感覚で。





別の先生にも褒められたので、自信になった。

自分の音楽は自信とかいらないかもだけど、クラシックピアノは自信が欲しいところなので。

嬉しい、すごく。

頑張ってきた結果が出てきたなと思った。

特に練習以外の、身体の使い方の考察、メンタルの準備方法、何年も試行錯誤してて。なぜなら、私は自律神経失調症で全身緊張体質になってしまっているから。それが、色々で徐々に身体が上手く使えるようになってきて、でも家では出来てても、本番ではパニックになっていたのですが、昨日今日は人が全然恐くなかったし、堂々と通常モードの私で演奏出来ました。

なんか、音楽で生きていけそうだなって思いました。

たぶん、最近感覚的で、頭が働きにくくなってて、そのおかげで余計なことを考えなくなってるんだと思います。考えようと思っても考えられないというか。

何かに引き込まれているのかも。

なんか、変わったみたい、私は。

やっぱり女性の部分を増やしてるからかな?男性的な思考の部分がいらなくなっているような?自分らしいかも。

もう少しこの方向に進む。

今日は、演奏も服も素敵って言われて嬉しかった。
初年度は私に厳しかった先生方が、今は私に対する扱いががらっと変わっている。

認めてもらえているから。

最近、ピアノレッスン関連で、毎日お菓子や洗剤やお菓子を頂く。
助かります。
今日もお菓子とお花を貰った。
貧乏で美味しいお菓子買えないので嬉しい。

洗濯洗剤は数年自分で買わずにいけてますね。丁度無くなりそうな時に頂けるんです。

上手いこと言ってます、数年前から。
見えない領域にアクセスしてる感満載。





昨日、安田さんが、お盆だし犬が来てるかも的なこと言ってたけど、さっき、実家に犬が来ました。弟の犬を2日間預かるそうな。そんな感じで、何もかも連続してるって思う。

そういうことが起きている場所は良い場所です。
恐がらないでいい。ただの第6感か第7感だから。
スムーズになってるだけ。

色んな導きに感謝。
関わってくれる人に感謝。

私、面白くなれそう。

大切に積み重ねていきたい。