<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< poemes d'un jour 89 | main | poemes d'un jour 91 >>
poemes d'un jour 90
光と蝉の声がなかった、遅く起きてしまったからかな。私の日中の夢。
でも、夜中の夢の中で今まで「辰巳さん」って言ってた人に「カナさん」って呼ばれて、嬉しかった。

そうやな、あしばさんと彩子さんはカナさんって呼んでくれてるな。

昨日「カナ」って名前、かわいいって言われた。
そうなんです、昔は嫌いだった名前だけど、今は気に入ってる。
けど、大阪に帰ってきてから最初の頃に会っていた人が「辰巳」って呼んでたから、その流れでみんな「辰巳さん」になってる。

東京に住んでる時は、誰も「辰巳さん」とは言ってなかったので変な感じだった。大阪の名称って感じ。東京の時は「ムジカ」って呼ばれてた。あだ名みたいな感じで。けど、苗字じゃなくて名前だから結構気に入ってたかも。「イーゼル」が苗字なので。

けど、人の呼び方を変えるのって勇気要りますよね。
私、無理です。笑

私は、大体の人、苗字サン付け。みんなが下の名前で呼んでようが苗字にさん付け。苗字を公表してない人は名前にさん付けかな。

このあたりもナイーブで、昔からすごく悩みました。
友達関係。
恥ずかしくて、下の名前が呼べなくて。
ずっと苗字呼びだから、他の子達は名前やあだ名で呼び合って親しくなるのに、私はずっと苗字呼びで距離感縮まらず。だけど、下の名前で呼ぶのも違和感あるしな...これで良いのかも(どっちやねん)

名前って重要。

音があるから。

大体仲良くなっている人の名前を見ると、自分の名前と同じ音が半分以上あったりする。

これは結構前から気が付いていて。

普段は気にして無いですけどね。

ふと感じる時があります。




数字の色と、アルファベットの音は、結構存在感があって。

昔から、それで、事象や意識などの目に見えない部分の暗号を解いていましたね。

あと、図形ですけど。

基本的に、そう言う脳なんです。



カナ

門上さんもそう呼んでくれてますね。

カナカナか

あと誰やろ...思い出せない
思い出したい

ウヘさんも。

カナは流通していないので、みんなが呼んでるからそう呼んでるのではなくて、愛情を込めて呼んでくれてるんや、多分。

ありがとうございます!


須磨海浜公園の若宮食堂さんもカナさんって呼んでくれてたような。



自分から「カナ」って呼んで欲しいって人に言うのどうなんやろう?
(ここにこんなこと書いてたら何人かは次から「カナ」って呼んでくれますね、ナイーブでは無い人たちが。ナイーブの人には、自分からはっきりお願いしないと多分呼んでもらえないと思います。)


昔「ムジカ」って呼んで欲しいって言ったから、みんな「ムジカ」って呼ぶようになった気がする。親兄弟も。親に「ムジカ」って呼ばれてましたね。笑

それで、一時期、カナが消滅してしまったんですが。

なので、名前って大切だなって、人格も変えそう。
特に、私みたいな、音や色々に影響を受けやすい人間は。


私は、柔らかい。

変わってしまう。

瞬間瞬間。



なので、大木に掴まっておきたくて。

庭に木を植えて、じっくり育てているのです。