<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< poemes d'un jour 121 | main | poemes d'un jour 123 >>
poemes d'un jour 122
49さんのおかげで、私の121は保存された。残しておきたかったからありがたい。光が差している。私の窓辺。まだ遠くの方に蝉の声が聞こえます。ツクツクボウシか。日に日に薄くなる。うちの蝉の抜け殻、甥っ子に持って行ってあげようと思って忘れていた。

トンボも飛んでいる。大きな美しい瑠璃色の。蜂たちは最近見ていない。晴れの日に飛んでくる習性だと思う。今日は来るかもね。

部屋の中から見える、下の空き家の離れの青い屋根が日の光の反射で煌めいている。

その向こうは、カイヅカイブキで遮断される。

人の声が聞こえる。

夏の別荘、最後の香り。




迷い込んだ。



また私が新しくなった気がする。

まだ恐がっていること結構あるんだって分かった。

まだまっすぐ伝えることも踊ることも出来なかった。

昨日の今日だから今日もまだ無理かとは思うけど、言葉と身体にいのちを。

魔法がかかれば、容易く。



私はこのブログ以外、外にはなかなか現れないけど。
心に宿った。

言い知れぬ孤独は、愛かも。

だとしたら歌えばいい、庭仕事をすればいい。



この頃は、現実が想像を超えてくる。

それが何より嬉しい。

この前まで全て想定内で物足りなかったので。
想像世界の方が良いと思っていた。

私は私を超え続けている最中。

ただ自然にしてるだけで、そうなる。




でも、現実社会で無理だったら、もう死んでも良いなって思った。
近年は現実的に生き延びることを優先に生活を組んでいたけど、昔もそう思っていたのです。
なんか気分、すっきり。

現実に生き延びることより大切なことが自分の中にあって、嬉しい。

これで、誤魔化したり、我慢したり、間違ったりする必要はなくなる。



早く踊りたい。

もっとちゃんと言葉、いのち与えたい。