<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< poemes d'un jour 171 | main | poemes d'un jour 173 >>
poemes d'un jour 172
朝、眩しい光を真正面から浴びる。視覚、触覚、疲れから解き放たれる。昔のようにTwitterで「おはよう」を伝えてみた。心境の変化かな。大切な朝を共有。連なり行く。

ライブのイメージング。

一昨日、1日かけて構成が出来て、カセットテープ作り、昨日は個別曲のチェック、想いと時空の調整…今日もイメージング…自然に湧き出てくる音や言葉を待つ。

集中。

それと並行して、髪と服を。
髪を切りに行こう。


前を向いて進む。率先して。

内容とは別の目標、集客を見て見ぬ振りをしていたら駄目なのは、音楽で生活しているから。全てのライブに10人来てもらえるようになりたいというのは昨年初めに考えたこと。地方やレコ発は普通にそれ以上来てもらえるけど、大阪や東京の都会ではなかなか難しく。都会では毎日のようにイベントも被りまくりで、皆仕事や予定など忙しい。人の人数は居るはずだけど、なかなか難しい。いつでもいけるからまた今度みたいな感じだと思う。

私は最近すっかりファンになったLUNA SEAのライブを見に埼玉まで行くことにした。毎日結構楽しみで、当日が来なくていいほどに、毎日のこの待ち遠しい感じが懐かしく素敵な心地。隆一がブログで「おはよう☀」と言ってたのでほっこりした。そんなことを想い、今日はTwitterに「おはよう☀」って書いてみてんけど。笑

知らない人とでも良い心地を共有出来るって、素晴らしい。



近くの人、遠くの人、近くの人、遠くの人、



どちらも大切に出来たらいいな。

繋いで行こう。


私が求めているライブに来てくれる10人。
何処にいるのか。


最初は4人とかでいいのです。


チャンネル登録1000人目標と同じく、
ライブに来てくれる人、毎回10人目標という感じ。
そんなライブをリタニか HOWSか燈門かシェドゥーブルのようなアーティストに優しいお店で実現出来れば、ピアノ教室やりながら月1〜2回で十分生活が楽になるのです。

それで音楽しながら生活出来るのです。


半年に1回だけど、燈門だけはクリアしてる。
でも毎月やれば減りそうだから来てくれる人、場所、探してる。

リタニで挑戦してみるか…どうか。


まずは、
11/2(土)@ bar HOWS
前回燈門でやったみたいな感じで公演というイメージで力を入れた内容を提示してみる。
40分+朗読セッションと時間があるから出来ること。

30分の対バン制だとやはり普通に曲を並べるのがベストかと。それが自分に合ってるかが微妙で。時間に余裕があるステージに力を入れてみようかなって思っている。

新曲と過去曲を混ぜ混ぜした時空にするには2時間欲しいし。売れてないのにと思うと変かもしれないけど、内容的には2時間ワンマンが丁度くらいなんです。

単曲で聴かせるタイプではないですしね。



そんな感じでまだ出口は見えないけど、燈った門のイメージを大切にしていけたらと。