<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< poemes d'un jour 177 | main | poemes d'un jour 179 >>
poemes d'un jour 178
晴天。良かった。今日は晴れて欲しかった。出かける予定もないただの休みの日だけど、休みの日は光に包まれてふわっとしていたい。洗濯もしたいし、庭仕事もしたいし、やっぱり晴れが良い。

昨日は天下茶屋でピアノの練習と東京ライブの準備と隙間に新曲の続きなど。久々にご飯のついでにテレビでかかっていた推理ドラマを最後まで見たけど(母が毎日何本も見続けている)、やっぱり序盤で犯人を当てることが出来た。洞察力健在...騙されないぞ、と。笑。




今制作中の『私が歌になるまで』というテーマを一区切りつけて『愛と時空』というテーマで曲作りを始めていて、『愛と〇〇』というのが1st Album『Love and Realism』と同じだなってぼんやり思って、思い出した。

最近は難しいことは何も考えてないけど、20代の頃は哲学的にいろんなことを考えていて、最後までさっぱり分からなかったのが『愛』についてと『時間』についてだったのですが、それが自分なりにですが、今自然と理解出来ていて、自然に目の前に現れてきた。

1st Albumの『Love and Realism』は2006年の作品で、衝動的作品です。なので、自分で聴くと嫌悪感もなくはなかったのですが、久しぶりに聴いて、始めて安心出来た。リリースして良かったと心底思えた。



『Love and Realism』Mujika Easel
「spotify」「apple music」などで聴けます。

https://open.spotify.com/artist/6Tlv4hiQKjzjdoq0VTzgka

ストリーミングしていただくと、1回1円未満ですが、収入になりますので、よければがんがん聴いてください。こちらの作品はフィジカルの特殊ジャケットCDもまだ150枚くらいは在庫がありますので、ライブ会場などでお買い求め頂けると大変嬉しいです。


今本当に、レコーディングする資金に困っている...。生楽器で良い音でバンド編成でレコーディングするのにはジャケットも全部合わせて毎度60〜70万円かかかるのですが、前は元が取れてプラマイゼロくらいでそれを次の資金として回していたのですが、昔ほどCDが売れにくくなっているみたいで、マイナスに突入しています。そこを打開していかないと、曲は出来てもリリースがなかなか難しくなる。生活費もギリギリなので、レコーディングの為に貯金も出来ず。でも、レコーディングする時期までにはなんとかはなるかな。いつもなんとかしてきた。

諦めずに、整理して、勉強して、打開していきたいと思います。

購入してくださっている方々には本当に感謝です!

作品は残るので、妥協したくないですしね。
なんとか妥協せずに、やっていきたいです。
そこは守りたい。

牛歩でも頑張る...!


また作品についても、カテゴリーを作って何か書いていけたらと思います。