<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< poemes d'un jour 186 | main | 【演奏会】12/1(日)リタニクラシック演奏会 vol.4 >>
poemes d'un jour 187
起こる出来事が多すぎてブログが書けていない。12/1のクラシック演奏会までは隙間時間はピアノの練習で、体調も整えないといけなく。よく寝ている。生徒さんも増えて。新しい未来計画の勉強もあり...。






昨日は初めて神戸の西神中央に行った。
ストリートピアノがあるのは前から知ってて、演奏会の前に人前で弾けるか試しておこうと思って、演奏会で弾く曲を弾いてみた。鍵盤の感覚がやはり違って上手く弾けなかったけど、弱点も分かったので、明日から本番までに調整したい。その件だけでも色々書けるけど、メインはデート。





一回一回会うたびに、未来が進んでいく。

彼の住んでいる街に初めて行けた。神戸の西の最終駅、どんな遠さかずっと前から気にはなってて。大阪とは違って、電車の窓からから田舎風景が見えて、だけど、着いたらニュータウンで。山を切り崩したニュータウン、なんか初めての感じだった。







道や空間が広くて、海外旅行に来た気分。





木になってるのかな?







「広いところがあると走りたくなる」と言って、都度走り回る長野さんが素敵。私は人が居なくても、人目を気にして走り回れないタイプなので(そもそも体力筋力がなくて)代わりに走ってくれているような感覚。心臓の病気であまり走れなかったリタニもきっと喜んでるね。







皆、光を浴びる。





ナンキンハゼかな。
色んな木が植えられていて、素敵。
大阪とは違う...





こんなドングリ初めて見た。クリとドングリの間くらいの感じ。





毎朝ずっと送ってもらっていた写真の風景、立体的になった。









初めて家にお邪魔した。
みんな仲良し。
あまり懐かないらしいチワワくんも懐いてくれて...うれしかった。

帰りに駅で出かけていたご両親にばったり会った。
チワワくんが懐いたこと(家の人より?)、驚かれた...

挨拶出来て良かった...



長野さんの部屋は「さすが長野さん」という感じだった。笑
見たことない感じ、想像以上だった。

無数の機材が...
色々インスピレーションが浮かんだ(音楽のではない)。

初めてのこと色々、驚きと納得の連続で面白いと同時に、自然に当たり前に感じれたことに安心した。



うまく書けない。
もう言葉にできないくらい幸せやなって思った。
特に何もなくても、小さなことが全部、
素敵すぎる。



落ち葉が風で流されていくだけで「わー、わー!」と楽しめる。
空の青で。
木の葉の色と自分たちの服の色で。



仲良しなだけで、幸せやな。
それがこの頃、会ってない時にも浸透してきて、一人の時も同じ心地になりつつある。

長年の年季の入った一人モードが変化中。
徐々に、他の人と居る時も、感じのいい人になっていけそうな予感。






帰りは三ノ宮で路上。DOOMSKY+MC Nakka+...。猫娘さんも居て顔見たらなんかホッとしたな。セッション参加誘われたけど、首が攣ってたのとか情報量が多すぎてちょっと無理だった。長野さんは参加してた。また機会があったら次は参加してみたい。


音楽活動もレベルアップの道筋が見えてるので、実行していきたい。
明日のHARDRAINのライブと、12/1のクラシック演奏会が終わったら、やっていくぞ。

もうすぐやな。