<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< poemes d'un jour 188 | main | poemes d'un jour 190 >>
poemes d'un jour 189

12/1の演奏会に向けてピアノの練習をしている。あと、15時間くらい練習出来るんかな…ああ…最後までやれることがんばる。

 

廣樹さんとの来年の活動計画を立てていた。路上ライブを3月くらいから、次は完全武装にてリベンジしようと、それまで準備に使う。

 

そんなこんなだけど、昨日は夜寝る前に河村隆一さんを聴いていたらうっかり3時間くらい経っていた。やみつきになりますね…。まあ中学生の時からLUNA SEAは好きだったけど、ソロは気持ち悪いなって聴けなくて。大人になった今、すごくいいなと。かわいいし、ピュアで、真っ直ぐで。笑。声が良すぎるし。気がつけば3時間経っていた…。夜中。

 

 

素敵やな。

隆一のコンサート行って、物販買って、握手券もらいたい…。

 

そんなこんなで、最近、ファン心が自分に自然とあって、逆の立場の時にお客さんのことも考えやすくなってきた。私もいつか、握手券が喜ばれるような人物になれたらいいな…がんばります。笑

 

歌の練習もまたもっとしたい。

 

隆一が、ちょっと長野さんに似てる時あるねんな。顔や動きが?上の動画とか。脳が混線してきます。だれか分かってくれる人いないかな。笑

 

ピアノ、好調。

やっと気持ちが音に乗ってきた。

目的地に辿り着いた感。

歌みたいに弾けた。

 

あとは会場のピアノに違和感を感じず集中出来るかどうか。

 

幸い、会場と家の調律師さんが同じ人なので、響きの感じはそう違うことはないと思う。鍵盤の感じもきっと弾きやすく調整されている。楽器と空間の差だけやと、気楽です。

 

今日は体調も良い。

体の緊張はほぼない。

 

これをキープするために、タイツを履いて締め付けるの禁止にしようかな、寒いけど。マフラーも首が緊張するから禁止やな。

 

本番まで練習。

 

隆一にめちゃ感謝やな。