<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< poemes d'un jour 206 | main | poemes d'un jour 208 >>
poemes d'un jour 207

昨日は長野さんと2/1のMujika Easelワンマンライブのリハというかイメージ作りをしました。来週、秦さんともリハ。

 

▼ライブ詳細はこちら

http://poemesdunjour.jugem.jp/?eid=1910

 



ノイズとギターとコーラス?結構色々頼んでいて、実際どうなるか、やってみた。想像以上に良かったです。前から合いそうだとは思っていて...音量バランスとチューニングの2点をちゃんとしたらバッチリだった。ピアノの残響と共存。


Mujika Easelには昔から家で一人で宅録するシリーズがあるのですが、それは外の音や多重録音していく際に入る物音があって、そういうのが良くて、長野さんの物音ノイズはそういう感じで、部屋のものたちが生きているような、動き出しているような感じがしました。ラジオノイズは風や光や波の感じ。ギターは、さりげなくLUNA SEAのINORAN(の一部)が居たり、SUGIZO(の一部、空間系の)が居たりみたいな感じのアレンジでピアノにも合ってホッとした。


コーラスは私が一人で多重録音している喋りみたいなやつ「もう一人の私」を頼んでみたけど、それもかわいくて良かった。


それで良かったので思いついたんですが、「戯れの痕」という曲がバンド編成の時も今まで一人で演奏してたんですが、自分の多重録音みたいな質感が出来そうやなって思ってやってもらったらめっちゃ良くて驚きました。

 

 

 

 

これは昔一人でやった多重録音の。即興なので、あれですが、あとで耳コピして楽譜に書いて、結構ライブでやっています(その際に少し変えましたが)。車のシャーっていう音とか全部音楽やなって感じなのです。一人ぼっちで演奏するのが寂しいので、そういう音を感じて一緒にやってましたね。

 

ライブは、秦さんのヴァイオリンと2曲だけ廣樹さんの尺八が入る予定ですが、ピアノの残響にみんなの音が集まればすごく良さそうです。

 

ただ、久しぶりで私がピアノちゃんと弾けなかったので、今日から練習してます。

 

何か練習してたら落ちつく...何もしてなかったら病気みたいになってくる。習慣ってすごいですね。あんなに練習しなかった私が...。笑

 

その他、色々進めることが出来てきて、少しリラックス出来てきた。

 

明日から仕事やな。

 

みんなそうかな。

共に頑張りましょう。