<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< poemes d'un jour 207 | main | poemes d'un jour 209 >>
poemes d'un jour 208
初仕事!終えた。

日常の力はすごいな。生き生きする。年末は掃除をする気になれなかったけど、掃除をする気が湧いて来た。仕事をする幸せ。仕事も出来ない期間が長かったというのもあって、ずっと人の役に立ちたかった。レッスンはそれがダイレクトに分かるし、練習頑張って来ている人や目標がある人の気を浴びるのはこっちも元気にもなるしな。みんながみんな常にそうではないけど...。それぞれの人の望みを叶える仕事やなって今日改めて思った。

自分が一番やりたいことは、出来ないと思い込んでいることを「できるよ」って信じれるようにしてあげることかな。過程と結果で。それが普通になれば、私が居なくても、ピアノ以外でもなんでも挑戦出来るようになると思うから。


とりあえず、それとは関係なく、私は、ある面では器用でもあるけど、色々出来ない子で、挑戦する人生なので、出来ない人が出来るようになる検証を自分を実験台にしてずっとやっていきます。

今は大分色々出来るようになってるけど、昔はどうしようもないことが多かった。


何かやっていれば無になれるから瞑想をしているようなものなんだって、最近思った。念に頭が支配されてしまいやすいので、人とは良い「気」の人とだけ絡んで、浴びて、一人の時間は何かに取り組んで熱中していたら自分は心地よく生きれるんだなって思った。


関係ないけど、調子の良い(正しい)身体の位置をまた一つ見つけた。頭の位置かな。自分にとっては不自然だけど、この位置にしておくと鼻が通り、血流が良くなり、肩こりがない。すぐ前のに戻ってしまいそうなので、しばらく意識して習慣付けるようにしたい。久々の良い目覚めや。

身体の位置がよくなれば、ピアノと歌は間違いなく、また一段階良い演奏が出来るやろう。


曲を作る時間はないけど、詩を書いた。
3分くらいで書けた。


愛と時空。


今日は庭仕事をしようと思っていたけど雨や。
ピアノの練習をしよう。