<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< poemes d'un jour 208 | main | poemes d'un jour 210 >>
poemes d'un jour 209
(記事の最後に企画あり)

寒い...生活スペースにエアコンがないので...

この状態で、今、4年目を迎えているけど、頑張って働いて、次の冬までにエアコンを付けようかな。乾燥しすぎて加湿器も買わないといけない羽目になるかもやけど。

冬...この寒さはあと約2ヶ月間。この家に来てからは、冬が寒すぎて、いつもそうやって春になる日までを数えている。朝は室温4度とか。隙間がたくさんあるので。その割には、梅雨はカビが生えやすい。山だから湿度が高い。

でも、この家が大好きですね。
家賃が高かったら嫌だけど、安いから。
安い家賃で、広くて、ピアノも1日中弾けて、庭もあって、近所の干渉もなく、駅まで下りは6分くらいなのに、自然いっぱいの山なので。


今日はMujika Easelの一人練習とセットリストを詰めて行っています。
2/1のワンマンライブ、まだ予約0です、大丈夫かな。
すごく良いと思うけど、まず今週末のリハをして、どんな感じになるか、何らかでお伝えしたいと思います。

4ヶ月に1回くらいしかライブしないと思うし、毎回特別です。

ライブのセットリストの考え方も、LUNA SEAのライブに刺激を受けた。今まで私は自分が演奏しやすい曲を選んでいたので、昔は1曲目はいつも『ホワイエの飾画』だったし、たくさん曲があるにも関わらず、結構同じ曲ばかりやっていました。自分がLUNA SEAのセットリストを調べてみて、同じライブでも1日目と2日目が違う曲なこととか、毎年、全ライブセットリストが違うことを知り、あれも聴きたい、これも聴きたいで、とても楽しい気分になりました。春にまた見に行く予定だけど(チケットが取れれば)、前とはまた違うんやなってもう分かる。必ず毎回やる定番曲は少しはあるけど、それもお客さんの為で。

クリスマスに見に行った時も1曲目がおそらく長年のファンの誰もが予想出来ない曲が来たり、驚きやワクワクもあった。最後もいつも「WISH」っていう曲だったんですが「MOTHER」だったんです。

定番を崩してくるという、挑戦、進化。

そういうもの、大切にしたいですね。


Mujika Easelの挑戦は、まず長野さん参加ということ。前も何度か一緒にはやったんですがその時は私はそんなに指揮していなくて、短いライブの中でお試し的に思いつくことをやってもらった感じなのですが、今回は私が決定権を持って、お願いしてる。それと、秦さんに新曲を一緒にやってもらうことも挑戦。秦さんと長野さんが一緒に演奏するのも初挑戦。廣樹さんが尺八でMujika Easelの曲に参加するのも初挑戦です。

メンツだけでも、かなり新しいことだらけです。

あと、どこでもやったことない曲を数曲やる予定。
過去曲で今までライブでやっていなかった曲も2曲。

他にも挑戦したい曲はあるのですが、演奏時間が足りないので次回に回します。


Mujika Easelのみんなが毎度聴きたい定番曲って何やろう...?
みんなで盛り上がれる曲とかないし。
わかりません。笑

なんかそういう曲欲しいですね。
「キターーーー!!」みたいな曲...笑。

「みんなひとつに」かな?
廣樹さんの曲だけど。笑


私的には「戯れの痕」か「眺め」か...

めっちゃ知りたいですね、人気曲...あるのかどうか...

というわけで、作ってみました。
どれが人気曲だったか、集計結果は後日発表させていただきたいと思いますので、ぜひ教えてください!!