<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< poemes d'un jour 212 | main | poemes d'un jour 214 >>
poemes d'un jour 213
忙しいのになぜか作り始めてしまった新曲が出来た。

うまく言えないけど、いろいろ変化を感じている。


昔は曲は適当で演奏だけでよくて、ありのままで良かったので、良い曲を作ろうとか思ったことはなかったし、しんどいので即興で適当に終わらせていた。かっちり作ると演奏の自由度が減るのもあったけど。そして、最近は歌詞も日本語で書いているし、ちゃんとこういう曲にしたいというイメージを持って進んでる。なので、他の人に比べたら全然だと思うけど、自分としては前より結構苦労して作っている。苦労したから良いものが出来るという訳でもないのが厳しいけど、想いはこもってるかな。

『愛と時空』をテーマに、みんなに伝わるようにはどうすれば良いかと考えて制作しています。



2/1(土)のMujika Easelワンマンライブのリハをした。秦さん、長野さん、廣樹さんの4人でやりました。







とても良い感じ。

全体像が見えたので、あとは、セットリストを少し変えて、個人練習、当日のリハで。


内容は、また後日少し書けたら書こうと思うんですが、良いセットリストになったと思います。編成はソロ、デュオ2パターン、トリオ2パターン、カルテット...と、曲に合わせて色々な組み合わせになっています。


舞台美術的なこともやっていきたいと先日書きましたが、とりあえず部屋を片付けています。教室感を無くして。余裕があれば、植物で何かしてみようかな。


少しずつご予約頂いて、少しほっとしています。
小さな場所なので、満員になったら良いなと思います。

お気軽にどうぞ。

ライブの詳細はこちら
http://poemesdunjour.jugem.jp/?cid=5