<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< poemes d'un jour 213 | main | poemes d'un jour 215 >>
poemes d'un jour 214
雨だ。

昨日出来た新曲、2/1のライブでやろうかな、どうしようかな。
やりたいな。
出来れば3人でやりたいな。

間に合うかな。
どうかな。



ライブのことばっかり書いていると、その他のことが書きにくくなってきた。

忙しいけど、とても幸せ。


新曲が出来たら、長野さんに送って聴いてもらってる。
毎度、感動してくれて、本当に嬉しい。
作る原動力になる。

というか、最近は、一緒に作っている感覚。
実際は私一人で制作しているねんけど、なんというか、自分だけの生活&人生ではこの曲は出来なかったな...みたいな感じのこと。

一緒に進んでいる。

どっちかが進んでない日も、どっちかが進んでいたら、一緒に進める。


人間って不思議。

一人でもあり、二人でもある。





マダム・ルナイー。

バラの香りはすごい。

シャキっとふんわりが両立している。

日曜日に、庭で咲いていて。

今は、ドライフラワーになりかけているけど、まだ香りがする。

庭仕事は全然進んでないです。



と、ここまで、昨夜書いた。


今週はゆったり過ごす。

年に一回の大切な日もあるので。


そうですね、ライブまでに、新曲群を練習がてら録音してアップ出来たら良いな。