<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< poemes d'un jour 218 | main | poemes d'un jour 220 >>
poemes d'un jour 219
疲れている。
全身緊張で、息苦しい。
ワンマンライブの準備を全部一人でやったのが思ったより疲労した。

いくつも下書き保存に途中まで書いたけど、途中でまた新しいことが起こるので、仕上げられないまま、また新しく書き始めるということが続き、全く投稿出来ていない状況に。

大切なことがたくさん起こっている。



一番大きなことは、年内に引っ越す方向になったこと。

神戸に行こうと思う。

神戸の山に。



ある時期から庭がないと生きていけなくて、貧乏なのに、ピアノOK、庭付き物件を探すのは苦労するんですが、なので今の家はもう一生ここで良いやと思って、10年計画で木を植えたし、何十万かかけて土から頑張ったし、排水土木作業も自分でやったし...書き始めるとキリがないくらい、庭関連は思い入れがあり。

庭を失うのはすごくストレスなのかな。

お金めちゃかかりますが、植木屋に頼んで、木も全部一緒に新しい場所に引っ越そうと考えてはいる。植えたままだと、次の入居者が管理がめちゃ大変すぎるから伐採されると思う。除草剤とかで全部殺されるかもしれない。


土が。
バラの枝が。
虫たちが。
微生物たちが。



引越しのたびに思うけど、人間って勝手なものだなと。


引越しのたびに、その部分だけは傷つく傷つける。
他はウキウキなんですけど。


それも分かっていて、たくさん植えたので、受け入れる。
少しずつ。


新しい土地の庭をどんな庭にするか(植物は今の家の植物で)というのも結構難しい。場所に合わなくてもなんとかして植えてあげないといけない、パズルのようです。今の庭、どうするか。まだしばらく引っ越さないので、ここで春や夏を迎えるのです。



宙に浮いたような気分です。


bar HOWSにも報告に行ったし。
「友達」を感じて、泣きそうになったけど。


それ以外は何も。
一人から二人になるワクワク。


他にも出来事は色々あったけど、やっぱ、これなんじゃないかと思う。



気持ちを。

それと、具体的な植栽を。

なんとか晴れやかにしたい。

新しい場所は見つけたけど、決まってはいないので、宙ぶらりん。だけど、決まってないけど、そこに脳内植栽していくしか、スッキリしないかもしれない。それが出来て、持っていける植物、持っていけない植物をリストアップして、持っていけないものは、貰ってもらうとか、また考えないといけない。


だけど、何メートルも伸びるつるバラを誰が貰ってくれるのだろうか...?
枝を切って、ヤフオクやメルカリに出すとか?


とりあえず、簡易的にでも脳内植栽をしなければ。