<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< poemes d'un jour 253 | main |
poemes d'un jour 254


日曜日、二人とも休み。まだ仕事と家事でいっぱいいっぱいのところがあるので、用事以外、どこにも出かけていない。朝の散歩に行ってみた。肉眼では海と淡路島がくっきりと見えていたけど、写真じゃぼやけて、改めて人間の目のレンズってすごいなって思うこの頃(このブログ、サムネがぼやけるので、クリックするともう少し鮮明な画像になります。それと、家がまだネットが繋がっていなく、スマホも速度制限が来ているので元ファイルだとアップロード出来なくて、小さめのファイルでアップしています。)











家から5分くらいで、旗振山の登山道。
寝起きの散歩なので少しだけ。

10人くらいの人に遭遇した、全員と「おはようございます」の挨拶をした。見えないところで(源平合戦のお墓のようなところが段になってて)尺八を吹いている人が居た、山に響き渡っていたけど、とても合っていた。ネコと挨拶したり、椿の木にメジロが2羽居て、間近で見れたのも嬉しかった。

けど、鳥の鳴き声の数に関しては、家の庭の方がたくさん聴こえるかも。日や時間帯にも寄るけど。自分の家が、改めて、いい家だなって思えた。

なんかでも山にすぐ入っていけるのは安心する。
海も行かなきゃ。
せっかくすぐそこにあるのに。





庭にバードバス(鳥の水浴び場)を作った。これは2つめ、バージョンアップのソーラー噴水付き。

部屋からも水音が心地よい。
鳥は鳴き声はたくさんするし、頭上を飛んだりもするけど、全然来ない。
いつか来てくれたらいいな。

ちなみに冷たくて気持ちよさそうに見えるけど、実際は水は太陽熱ですぐに温くなってしまっている...。



ちなみに1つめはこれ。



みんな仲良くやっていきたい。
けど、我慢とか合わせるとかじゃなくて。
それぞれの自然を受け入れ合う。


もっともっとのんびり過ごしたい。