<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
poemes d'un jour 229
自分に戻って、気持ちをまっすぐにしていかないと。

春の光、夏の光があれば、自然に進むのは分かっている。
もっと光を。



引越しと結婚のこと、長野さんのご両親にも喜んでもらえて、他色んな人の顕在的、潜在的な後押しで申し込みまで進めた。コロナのこともあったり、精神的には結構な試練があったけど、蓋を開けてみれば、みんな喜んでくれてワクワクしているので、本当に良かった。6月から住み始めて、落ち着いたら籍を入れることで全員意見が一致した。庭やピアノの引越しもあり、全部一気にやるのは、しんどいし、一つずつでよくなったのでよかった。


自分の好きなもの、したいこと、さらにハッキリさせて生きたい。
世間のムードに流されそうになるのがとてもしんどかった。
集合意識の重圧なようなものが、身近な人達の不安が、私にとってはとても苦しかったです。
もっとしっかりしたいと思った。


まだ審査が終わってないけど、多分住めるということで。
場所は、神戸の塩屋です。
3/20にライブする旧グッゲンハイム邸がある海と山がある町です。
二人ともそのイベントオファーもらえたこともびっくりして、ご縁だなと思いました。
引越し考え中とか何も話してなかったし。


海と山、両方あって、贅沢です。
家は山で、ベランダから海が見えそうな感じ(遠くに大きな木があって、見えるか見えないかの感じ)、駅から道路を渡ったらもう海です。須磨の隣の駅です。


20代の頃から、鈍行列車で大阪ー東京間を行き来する時に、神奈川県の海が見える辺りに憧れていたので、丁度良かったです。瓢箪山の家の時と同じく、先に町を決めたのではなく、私の庭、ピアノ、家賃などの条件に合う家が、神戸の中ではこの町にしかなかったのでここに到着したという感じです。

長野さんの条件にもぴったり合うみたいで、二人でこの家しかないなってなりました。

ワクワク。

でも、まだちゃんと決まったわけではないねんけど。

家主さんは、町一番の有名人みたいで、下町人情溢れる小さな通りのお店の方です。家には絵画がたくさんあって、庭も切り株の椅子とか色々あって、クリエイティブな感じがした。

不動産屋さんも面白かった。

巷の不動産屋さんとは違う、カフェのようなふんわりした外観で、お店を開けたら、ネコが出てきて、若い女性が家を見に連れて行ってくれて、帰りは店に戻らず、「うちこっちなので」って歩いて家に帰って行った。その後は日を改めて社長さんとやりとりしていたけど、通り道で、お店の人と「トラック貸して、これ運んで〜」とか話をしていたり、街全体が連携している感がいいなと思った。



決まるまでもうちょっとやな。


せっかく嬉しいこと、なので、気持ち明るく持って、前へ進む。



それと、大切なこと。

好きとか、幸せな気分とか、感謝とか。
不安やあれこれせねばという目的があったり、頭が忙しいと、世界の輝きが薄まってしまうので。


本当に、何が大切なのか。

ただ一緒に居れるだけで幸せ。
生きてるだけでありがたい。
自由意志で未来へ進めることが幸せ。


元も子もないということにならない程度の頑張りで生きよう。

自然に。

poemes d'un jour 228
晴天、春の変化にわくわくするこの時期に、巷の不穏なムードに流されるのは勿体ない。

なんでも人間が制御出来るわけではない、仕方ないことはある。
人間だけの世界じゃないからな。


全部含めての今を生きる。
共存。



秋に予定していた引越しが、はやまるか、逆に未定になるかの瀬戸際。
見つけた家、7月までキープしてもらえることになった。
それまでに準備が完了出来るのかどうか。
週末、答えが少し出るのか?
正念場。

7月に引越すなら、6月にスズメバチ防護服をレンタルして庭作業やな。

あの家に住めたらいいな。
家の片側が山で、家主さんが山に勝手に道を作ってカスタマイズしている。
何か出来そうなワクワク感。


迷惑をかけないようにって不自由を選択する日本的な感じ、それがいい場合もあるけど、他人に要求するのは心狭いと思う。最近、自分として生きたいという気持ちがさらに高まる。


みんなが同じ行動をしないのは自然のメカニズム、地球全体のDNAによるリスク管理なんだと思う。
だから、どんな場合にでも少数派に対する差別はやめて欲しい。

それぞれに役割がある。








3/20(祝) 即興の総合芸術「シュヴァルへのオマージュ」
2020/3/20(祝)
即興の総合芸術「シュヴァルへのオマージュ」

@旧グッケンハイム邸(塩屋)

19:00開場・19:30開演 1500円

・コヤマエイジ
・あたしよしこ
・長野雅貴
・哲太陽
・Mujika Easel


画像クリックで拡大


画像クリックで拡大


コヤマエイジさんと哲太陽のゾクゾクする企画にお誘いいただきました。
神戸の海沿いの素敵な洋館での演奏。
グランドピアノもあります。

イベントフライヤーに書いてある文章を読んでワクワクし、元気になりました。
救われた心地です。

やりたいこと、やるぞ!!!

無理せずこれそうな方は来て頂けるととても嬉しいです。
poemes d'un jour 227
新たな扉が開いている、どんな時でも開いている、それを見つけられるかどうか。

すっかり暖かくなってきた、庭のクロッカスも次々と咲き始め。黄色の不思議な形のマンサクも満開。梅は散り往き。剪定した際に勿体無いからと水に挿しておいたサクランボの花も部屋で咲いている。





数日間、大事なことが色々起こっている。
(コロナのことじゃなくて、自分のこと)

乗り越えれると思う。



心の強さ。
精神力。


それを、自分や他人やらから再確認させられている。

結局、心が弱ければ、不自由な世界なのかなって思います。

心強く。
それだけで、どんな状況でも幸せに生きていける気がします。



イメージ。

イメージに導かれて、人は進んでいく。
自覚あれ、無自覚であれ。

自分で生み出すイメージが、イメージを育むことが、何より大切なんだと思います。


だから、庭を作るんやな。
家を作る。
音楽を作る。


目に見えないものを生み出す、練習。

みんなの世界だけど、実際それぞれの人のこの世界のイメージは違う、結局、自分が世界を作るんやろう。

poemes d'un jour 226
コロナ...満員電車に乗らないし、子供も居ないので、私には特に何も影響なく、いつも通り。教室の生徒さんの一人から昨夜「学校から習い事もなるべく控えるようにと言われたので2週間お休みする」と連絡ありましたが、困りはしない。

「なるべく控えるように」とのことだけど、個人的には子供はみんなピアノ教室まで徒歩1分ほど歩いてくるだけ、もしくは自転車に乗せてもらってくる、もしくは自分で乗ってくるだけなので、気をつけてレッスンに来たらいいと思います。個人レッスンなので教室でも私にしか会わないですし。

習い事がそうなら、外に出たり友達と遊ぶこともなるべく控えるように...ということやんな。子供が2週間も家の中だけで過ごせますかね...2日でもしんどいと思います。なので、私は外に出ても良い派です。学校が休みでもレッスンに来て欲しいです、レッスンに来なくても散歩などして欲しいです。

大人の方も、コロナに感染する確率より、鬱やイライラになる可能性が高い感じに思えます。


自分の意志。
普段はそれが大事だとされていたとしても、今回の件は、自分の意志で決めれば自分勝手とも言われそうで、なかなか難しいですね。



一番ポジティブで心健康に居る方法は、コロナにかからない対策をして、行動や意志を過度に制限しないことかな。


大規模イベントは中止でいいと思うんですが、小規模イベントはそもそも政府からの要請も出ていないですし、中止でなくていいと思います。私が出たり見に行ったりする10人、20人程度の大人のイベントは、行こうと思う方は自分で危機管理や周りへの配慮を出来るだろうし、開催でいいと思います。楽しく過ごそう。

こんな時だから、尚更、楽しく過ごそう。



YouTubeのMUJI Channelをグレードアップすべく、また初心で一から改めて考えていた。

だいぶまとまった。



なにはともあれ、みなさんが落ち着いて楽しく過ごされるといいな。

YouTubeチャンネルもそんな感じにしていきたいですね。

poemes d'un jour 225
今日は休み。最近は9時間くらい寝ている。とても眠い。季節の変わり目だとか、私が変わっていくので、身体の準備に時間がかかるのかな。

毎日生まれ変わる。
昔から、毎日脱皮するんだと、そうやって生きていた。
なので、私はどんどん変わって行く。
遺伝子レベルのことだったとしたら、意志よりも強いかも。
まあ、でも変わりたかったから頑張って変わったのかな。


昔はそれだけだったので音楽以外は続かなかったけど、今は積み重ねも出来るようになり。

生きてきた中で、大事に思うことを、反芻し、積み重ねていく。

そうして、私は私から自由になる。

自分の意志で未来を作る。






杉浦こずえさん。2/22、0g、素敵なイベントだった。

自分とは特に共通点はないけど、発想が面白いし、自分の私的なことをイベントにしてみんなを楽しませるパフォーマンスが素敵で共感する。

結局、みんな個人なので、個人でいいというか。
個人的なものはリアルだから深い表現になる。

シンプル。

一生懸命無理して作品作りしなくても、ただ自分を磨けばいいんやなって。

ろ過する感じ。
抽出。

は、しないといけないけど。








2/22、夜遅く、bar HOWS、スムースさんの誕生日。昨年は行けなかったので、今年は絶対行こうって思っていた。スムースさんが居なかったら今の私は無いねん。良い方向に導いてくれた、本当に感謝している。人や物の見方がフラット過ぎて友達と知り合いの境目が分からなかった私だけど、人間愛というか、友達という感覚、与えてくれた。

スムースさんが作る場所bar HOWSに集まるみんなはなんかクラスメイト的な安心感がある。固かった私も、ここだと、自然に笑えた。泣けた。何かあったらここに行けばいいんやなっていう、家的な...。





長野さんとのこと、喜んでくれるみんなにもとても感謝しています。
急にって思う人も居るかもしれないけど、7年前くらいからの知り合いで。当時、うちのリタニのクリスマスパーティに来てくれたんですよね。そのころはお互い自分の課題が山盛りで、違う道を進んでたし、声を掛け合うこともなかったけど、お互い成長した今、ぴったりになって合流した感じです。過去の色々の話をするとそんな感じだった。出会うもっと前からも、たくさんシンクロしてて、まだ私が20代の全然知り合いじゃなかった頃とかも。なので、別々に頑張ってきて、やっと合流したんやって感じ。




一緒に成長していってる。

また一段階、強くなった気がする。

どんどん夢を叶えていくぞ。




poemes d'un jour 224
ふわっと身体が温かい、緩んでいる、気持ちも。

長野さんと一緒に向井千恵さんの即興表現ワークショップに行った。今回は、中崎町ヨルチャの隣のFLAT SPACE。いつもなんらかの楽器を持っていってるけど、今日は楽器は持っていかなかった。身体表現をしたいなと思って。

山田いづみさんのダンスワークショップは風邪を引いてから忙しくもなり最近行けてなくて、身体の動かし方も忘れて何もできないかもって思ったけど、なんかやりたくて、それに従った。

当たり前だけど、上手くは出来なかったけど、楽しかったし、人に見られてても特に何も気にならなかったし、とにかく初めてのこと、一歩踏み出せたということがよかった。続けていこう。

向井さんのワークショップ(実践)と山田いづみさんのワークショップ(訓練)を行き来すればいいのかも。



その他、声でやった。
前までは、声は自分の世界観が出てしまうから、見ず知らずの人とは調和しないんじゃ無いかという不安で即興表現では控えていたのですが、先日神戸でmomenteに出た時に、「声がきれい」と初めての人に言ってもらえたので、声も存在していんだなって思って、考え方を変えた。

調和の為に、自分を変えるばかりでなく、自分の感じをもっと素直に出していこう。
自分はこんな感じというのを表明していこう。

いつもと違う人がたくさん居てワクワクした。

もっとやりたかったけど、途中で帰った。


長野さんが家が遠くて、次の日も朝早くから仕事なので。

私もまあまあ家が遠いけど、次の日の仕事が遅いので、居ようと思えば居れたのですが、二人で一緒に考え、進んでいるので、出来るだけ共にしようと思った。

駅までの帰り道で、その日のことを話しつつ、次へ向けての話をし。


そうやって未来を。


本当に1つ1つ丁寧に繋いで行っている気がする。
人とこんなに団結することってなかなか無いな。

お互いやっていることは違うけれど、どちらのことも、どちらともが自分のことであるような感じで。


共に存在している。


人前でも余計なことを気にせず、堂々とそう在っていいんだな。
やっとそういう風に思えてきた。

だから、人前でも、昨日は気を張らずに、リラックスして素直にみんなと同じ場に居れて。

私はまだそんな段階ですが、とても心地よいです。

ここからやなって思う。


2こいちとか、まだちょっと恥ずかしいけど。
また一緒に行って、一緒に帰ろう(今は、駅までだけど)。



レッスン、忙しくなってる。
大人の生徒さんのうち2人がやる気で、2人で4〜5人分来てくれてる。

そのやる気に応える!
poemes d'un jour 223
未来へ。

毎日いろんなことが起こっている。

ゆったり過ごしている。



今日は久しぶりの調律のお仕事。



ウヘさんのご実家でピアノ調律。
喜んでもらえて良かった。
調律はやり方を学んで練習すれば、誰でも出来ると思う。
勘違いしている人も多いけど、絶対音感とか必要ないです。

面白がってもらえるので、
調律体験ワークショップとかしてみようかな。



おしゃべりも出来て楽しかった。

温かいご家庭に、和みました。

大切なピアノ、任せてもらえて嬉しかった。




素直な心、大切やな。



しばらく毎日色々ありすぎて、情報整理も追いつかないのか、一応書いてはみるけど、最後までまとめられなく。


今、一番楽しいことは、お金を貯めること、仕事をすること。お金が貯まれば、次の暮らしが現実に近づいて感じるから。引越し完了まではそんな感じかもしれない。


仕事が楽しいって気持ち良い。
自分のやったことで喜んでもらえるから嬉しい。

いやいやバイトに行かないといけないころを思うと、なんと幸せなことか。

人生の半分くらい仕事をしている時間かもしれないとしたら、仕事が楽しいと幸せやねんな。

仕事が楽しくて、体調が良ければ、普通に幸せやな。

それプラス、信じることが出来たらさらに幸せやな。

それプラス、愛すること、愛されること、自分のままでいること、表現すること、好きなものに囲まれていること(植物とか)...

信じてくれる人がいること...

未来を想像出来ること、



過去の自分の選択によるしがらみのようなものが知らないところで尾を引いていたような、そんなことが急に浮かび上がったりもあったけど、さっき鏡を見たら、鏡の中の自分の顔が想像していたものと違って清々しい感じだったので、安心した。自分を信じれると思った。

もう少しゆったり過ごしながら春まで。

春を待とう。


大切な人たちに感謝。

poemes d'un jour 222
とても寒かった昨日に比べ、今朝は暖かい。空も晴れている。心地よい。

2〜3日前から、身体の力が急に抜けて、普通の状態ってこんな感じかなという心地良さを味わっている。

毎日色々あって。

出来事もそうだけど、感じるものなど、自分にしかわからないような変化など。



一人から二人になったことが、思っていた以上に人生を癒してくれている。

一人だと気を張ってしまっていたし、何かを頑張っていないと自分が生きている意味もなくて。

楽しんではいたのですが、今思うとやっぱりしんどかったなと。それが身体に現れて、全身緊張していたのかもしれない。無自覚にしんどかったのかな。それが普通だったので、なんとも思っていなかったけど。



緊張せずに、この世界に居る。

その状態で今までと同じように頑張れたらとても良いのかもって思う。



全く別の環境で育った別の人と、心ひとつになる。

気を使ったりじゃなくて。

自然に?

想いあって?



それがふわっとした幸せな心地。
さらに自由。




ほとんど人と関わらなく自分の世界に居た時の感じ、近年は一人でも忙しくしてしまって得られなかったけど、いろんなものを感じたいなって思って、ゆったり過ごしている。そういうのが久しぶり。


また何かを超えた。





もっと自分を出していいんやな。


社会に合わせるんじゃなくて、自分の感性で生きたい。





今日は庭仕事がしたい。



そろそろ雑草を抜いておかないと。

草花の芽が出てくるね。



poemes d'un jour 221
寒い。今年初めての寒さ。これが冬だったと思い出した。なのですが、灯油がもうなくなる。金曜か日曜日に来るけど、先週自宅に居なくて買えなかった。今日、灯油販売のトラック、来るだろうか?今週も日曜日はライブなので、買えない。



庭の植栽をずっとやっている。

これが終わらないと落ち着かないというか、引き寄せられてどうしようもないというか。急な寒さの所為もあって、全身痛いのが治らないので、他のこともなかなかやる気になれない。ゆったり過ごしたい。頭からつま先まで、その途中も、身体の全ての箇所が痛いもしくは気持ち悪い。病気かと思ったりもしてたまに調べてみるけど、自律神経失調かな。疲れた時だけしかならないし、激痛ではないので。


そんな中、レッスンは夢中でやれているので、疲れは感じない。時間になれば身体も勝手に動く。習慣の継続の賜物だなと思う。色々不安定な中でも、レッスンはやはり基盤と言えるなと思った。これを元に、周りを色々変化させていくと、安心だなと思う。


収入、社会の中で居場所がある、人の役に立っている、人と関わっている、そういったものはとても安心感のあるものだから、生きていく上で、改めて、大切だなと思った。



庭。


東京の庭、千葉の庭、その前の森ノ宮の庭。色々あったけど、千葉の時までは引越しトラックが2台になってしまっても持っていけるだけ持って行ったけど、千葉の時に311が起こって、その他あり、半分ノイローゼ気味で、大阪へ引っ越す際に植物をどうにも出来なかった。しかも、現状回復と言われたので、庭を処分してまっさらにした。その時の自分で自分に対するショックが大きくて、寿命の長いサボテンしか栽培出来なくなった。


そんな期間が5年ほど続き、瓢箪山に来て、また庭を作り始めた。最初の1年は音楽もせず、朝から晩まで庭仕事をしていた。昨年くらいから、やっと気持ちが外向きになれて、音楽活動も忙しくなって、庭はほとんどやっていなかった。地植えだから育つものは勝手に育って、他の植物に光を奪われてしまったものは草の隙間で蒸れて枯れて行った。


前置きが長くなったけど、次の庭は、今までの庭で気に入ってた植物をもう一度植えようと思った。まだ3種類くらいしか思い出せないけど。

今までの庭の総括というか。

場所はそんなに広くないので、バラや樹はもう無理だけど、小さいものなら鉢植えで大丈夫。

瓢箪山は光と湿気の環境がよくなくて、なんでも植えれるわけでもなかったので。



今のを抜いて、持って行って、また植えるという作業は、庭をやってない人には想像を絶っする大変さだと思うんですが、私も考えたらクラクラしそうになるのですが、今までで最大級のしんどさだと思うんですが、元気なので頑張る。


上手く根付かず枯れるものも出てくるでしょうね。
でも、やってみるしかないな。
千葉の時の後悔をもうしたくはない。


あっちの庭の土の下、どうなってるんかな...掘ったらすぐ瓦礫とかだったら大量に土を買わないといけないのでまずいです。あとは、雑草が生えてなかったんですよね。定期的に除草剤やってるのか、草が生えないくらい固いか?なんなんやろうな...。冬だからだったらいいけど。

うちは、冬でもカタバミとかの雑草めちゃ生えてますからね。


というわけで、引っ越したら3ヶ月くらいはレッスン以外は庭に追われて何も出来ませんね。



今は、とにかく、お金を貯めなければ。
ピアノと庭で引越し代も膨大だと思うけど、植えれない箇所が出てきて、土代、植木鉢代もかかる可能性が高い。


でも、めちゃくちゃ楽しいです。

どんな生物が居るんやろう。

途中の道にマムシ注意とか書いてあったけど、今の家より標高は低いし、でも、家の隣がもう山の斜面です。それが良いねんけど。ムカデ出るかな。蜂の巣出来るかな。でもそんな田舎な感じはしなくて、丘って感じ。今の家の方が田舎感あるかな。


もうそこに住むって決めてるけど。
まだ決まってないんですよね。笑


準備が終わるまでまだ半年以上かかるけど、それまで誰も住まないでおくれ。